長年の悩み滝汗に終止符!完全に汗が止まった多汗症の「薬」を紹介

【三種の神器】生活が潤う!奥さまにプレゼントはこれ!便利すぎる「パナソニック食器洗い機」は絶対に必需品

わが家にも、とうとう「食洗機」が導入されました。

家庭で三種の神器と呼ばれる洗濯機・ロボット掃除機・食洗機。

少し前にロボット掃除機と呼ばれる、ルンバの類似品!?「ILIFE V3s Pro」を購入したので、あとは食洗機だけでした。

参考記事

【ILIFE V3s Pro】購入レビュー|この性能で1万円台?!買わない理由が見当たらない

一度使ったら二度と手洗いには戻れないと言われる「食器洗い機」、仕事に炊事洗濯と大忙しの奥さまのために、やっとのことで購入しました。

今回選んだのは、パナソニック「NP-TZ100

こいつがオシャレでとっても素敵なので、食洗機に悩まれている方の参考になればと思います。

じょず

少し気が早いですが、2019年で買って良かったNO.1ですよ(笑)

オシャレで便利すぎのパナソニック「NP-TZ100」

どうですか、このフラットデザイン。

電源を入れたときにだけ浮かび上がる、タッチパネルはとてもスッキリでお洒落。

上部もフラットなので、いろいろと物を置くことができ、スペース的な効率がよいのもお気に入りのひとつ。

そこにはちょっとした小物や、タブレットの洗剤を置いています。

ホント便利。

じょず

フラットデザインで、とってもお洒落w

側面は磁石が付くので写真を飾れる

なにげに嬉しいのは側面に磁石が付くところ。

素材を触れた感じは、プラスチックのような材質のため、磁石を付けるのは無理だろうと思っていました。

そんな予想を裏切って、磁石が使えるので写真ポストカードなどを引っ付けることができます。

カレンダーや予定表なども付けても便利ですね。

細かい点ですが、なかなか素晴らしいですよパナソニックさん。

じょず

側面に磁石が付くのは、かなりポイント高し!

最大級の大きさでもスペースに余裕は無い

入れ方が下手なのかもしれませんが、適当に入れようとすると正直言ってあまり入りません。

3人家族でも余裕はあんまり無いかな、、、。

たくさん入れるには、かなりコツが必要かと。

まあ、でも今まですべて手洗いをしていたことを思うと、これは神です。

食器を機械に入れるときにかなり悩みますが、一度入れたしまえばあとは全自動で乾燥までやってくれます。

この便利さから、わが家では「パナ様」と崇めております(笑)

パナ様最高!!

超簡単便利!洗剤1粒でキレイになる

使っている洗剤はタブレットの「フィニッシュ」、なんでもパナソニックと共同開発というお墨付き製品。

Amazonで食器洗い機用洗剤のランキング1位の製品です。

一度使ったら、液体や粉末タイプと比べ楽すぎて辞められません。

この便利さから、高校生の息子も最近では自ら食洗機を動かしていますよ(笑)

食器を入れて、洗剤1粒をポンと投入するだけですからね。

静電式のタッチパネルと自動ドアは便利

購入前はタッチパネルに関してお洒落で魅力を感じましたが、自動ドアについては必要ないだろうと思っていました。

しかし、実際に使ってみるとこれが便利なんですよね、スムーズに扉が開くので安心できます。

自動ドアじゃないタイプは、勢い余って開く場合があるので乱暴ものっぽいイメージ。

それに比べると、この子はホントお上品ですよ。

さすがパナ様。

60~80℃の高温で洗うのでグラスの輝きが蘇る

新品のようになる訳ではありませんが、くすんでいたグラスが、新品に近い輝きを取り戻します。

食洗機では手で洗うことができない60~80℃の高い水温を使うことができ、更にアルカリ剤を使った洗剤を使用することで強力に汚れを落とします。

この汚れ落ちを経験すると、もう二度と手洗いには戻れません。

本気でやばいレベルですよ。

じょず

汚れの落ちかたが、マジですっごいですw

オススメのIKEAワイングラス

IKEAに行ったらこれを買え!「IKEA365+」シリーズのワイングラスが逸品過ぎる

本体価格は高いが買って後悔は絶対にない

今回購入した食洗機「 パナソニック NP-TZ100-W ホワイト」は購入時6万円ほどでした。

洗濯機よりは安いですが、さすがに6万円は高い。

さらに分岐栓が1万円ほど別にかかるので、合計で7万円ほど、、、取り付け工事を依頼すると更に出費がかさむことに。

た、高い、、、この値段がいままで購入をためらっていた最大の要因でした。

奥さまもさすがに、この金額を考えると「手洗いで頑張るよ、」と意気消沈です。

じょず

金額だけ考えるとね、ちょっぴり高いです、、

しかし、思い切って購入した結果、食洗機のない生活をしてきたことに後悔し、なんでもっと早くにわが家にも導入しなかったのかが悔やまれました。

これは現代の家庭には絶対に必要な「三種の神器」であることを、身を持って味わいました。

まだ悩んでいる方、、、時間の無駄だから買っちゃいな、と言いたいです。

じょず

1回でも使ってみると、その便利さが分かりますw

分岐栓は品番さえ分かればシロウトでも取り付けできる

分岐栓の金額はAmazonで9,000円ほど。

金額が高いのも問題なんですが、自宅の水栓に合うものが分かりません。

もう20年以上も前の水栓なので品番等が消えているため、パナソニックの「分岐水栓ガイド」から適正の品番を調べることが出来ませんでいた。

そこでカクダイの「分岐金具検索」の写真をみて、水栓の品番を調べることにしました。

その結果、わが家の水栓はMYM / ㈱喜多村合金製作所のFA237Hと判明し、分岐水栓はパナソニック「CB-SMD6」と分かりました。

分岐水栓を取り付けするために必要な工具「スーパー モーターレンチ」

分岐水栓を取り付けるためには、プラスドライバーと「スーパー モーターレンチ」というものが必要になります。(プラスドライバーも必須)

大きめのモンキーレンチでも代用できそうでしたが、念のために購入することに。

1,300円ほど、地味に出費がかさみますが、幸せの暮らしのためです。

じょず

この工具は必需品なので、あらかじめ用意しておきましょうねw

購入した「スーパーモーターレンチ」

スーパーツール(Supertool)
¥1,271 (2019/10/16 09:06:42時点 Amazon調べ-詳細)

初めての分岐水栓取り付けは作業時間30分~1時間くらい

スムーズに行えば30分くらいでしょうか、、。

なんだか、あーでもない、こーでもないと考えながら水道の元栓を締めてから、作業終了で水道栓を開けるまでを考えると1時間位を要したかもしれません。

たぶんプロがやれば、10分くらいで完了の内容ですけどね。

初めての作業で工賃を浮かすために、のんびりと1時間なら上々ですよ。

しっかりと説明書を見れば、誰にでもできますので是非チャレンジを。(超簡単とは言いませんがね、、)

じょず

面倒ですけど、説明書を読めば問題ありませんよw

【総評】電子レンジと同レベルの必須アイテム

重要度は冷蔵庫や洗濯機より下になるけど、電子レンジとは同等と言えるほど必需品かと。

洗濯機や冷蔵庫は絶対に必需品という認識は、どの家庭でも同じだと思います。

それと比べると、食洗機は無くてもなんとか生活はできます、一応ね。

食洗機未体験の方に、どうやったら重要度が伝わるのか考えた時に、「電子レンジ」と同じくらいと言えば分かりやすかと。

無くてもなんとかなるが、無いと非常に不便な家電。

電子レンジが無い生活と、ある生活の差くらいと考えるとね、どれだけ「食洗機」が便利で必需品か分かるんじゃ無いでしょうか。

もう食洗機の無い生活には戻れません。

もしも、食洗機が壊れたらなら速攻で買い直すよね、って夫婦で話していますよ。

食洗機最高!

パナ様サイコー!

今回購入した一式

【食洗機】パナソニック「NP-TZ100」

【分岐水栓】パナソニック「CB-SMD6」

【工具】スーパー モーターレンチ MF230

スーパーツール(Supertool)
¥1,271 (2019/10/16 09:06:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事はこちら

【ILIFE V3s Pro】購入レビュー|この性能で1万円台?!買わない理由が見当たらない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です