【ふるさと納税】「分からない」で逃げちゃだめ!得しかない行政のバグを絶対に利用するべし

【AUTO-VOX X6】煽り運転・事故対策に必需品!後方視界が最高に良くなるミラー型ドライブレコーダー

愛車C-HRの後方視界が悪すぎるため、今話題のミラー型ドライブレコーダーを取り付けました。

後方視界の悪さが設置を決断する要因のひとつでしたが、煽りあお運転や万が一の事故に備える目的もあります。

今回購入したのは「AUTO-VOXオートボックス X6」という製品。

ちょっと残念な点もありますが満足度は非常に高く、買って良かったです。

じょず

かなり満足していますw

今回購入したミラー型ドライブレコーダー

AUTO-VOX
¥21,900 (2022/05/20 22:04:06時点 Amazon調べ-詳細)

ミラー型ドライブレコーダーを購入した理由

見やすい後方視界(ナンバーはぼかしを入れてます)

元々C-HRには新車購入時にオプションでフロント用ドライブレコーダーを取り付けしています。

しかしそれでも前後録画できるミラー型ドライブレコーダーを購入して増設したのは下記の理由から。

ミラー型ドライブレコーダーを購入した理由

  • 車体前後の録画
  • 後方視界の確保
  • 後方車両の車間距離が気にならない

車体前後の録画

前方・後方を同時に録画

スマホを見ながらの危険な運転や高齢者の事故が増加傾向にあるため、理不尽な事態に備えて車両の前後録画が必要と感じました。

自分自身が気を付けていても思わぬところで事故に巻き込まれることが予想されます。

運転することはもはや命がけと言っても過言ではありません。

事故の際に公平な判断材料として前後録画のあるドライブレコーダーは必須と考えます。

じょず

もしもの時に備えて必要ですねw

後方視界の確保

愛車C-HRの後方視界の悪さは本当にスゴイ。

ルームミラーから見える後方視界は死角だらけで注意が必要です。

サイドミラーを常に注意していますが、やはりルームミラーでも広く見えると安心。

そんな要望を叶えてくれるのがミラー型ドライブレコーダーでした。

じょず

C-HRの後方は本当に見づらいです、、

後方車両の車間距離が気にならない

ミラー型ドライブレコーダーから見る後方視界はかなり距離があるように映ります。

デメリットと感じる方もいると思いますが、個人的には凄く嬉しい。

煽られるところまではいかないですが、異常に車間距離を詰めてくる車両が多々います。

ミラー越しに見ていると悪気は無さそうに感じますが、正直気持ちの良いものではありません。

あまりに酷い時は車を止め後方車両を先に行かせますが、日常で多すぎて気持ちすり減ります。(前の車両と同じ速度で走っていても後方から詰められるのは本当に勘弁してほしい、、、)

そんなストレスから解放してくれるミラー型ドライブレコーダーは神製品と言えます。

じょず

後方距離が遠く見えるのは個人的にメリットですw

ミラー型ドライブレコーダーを「AUTO-VOX X6」に決めた理由

【ミラー本体】本体から出る配線は1本のみ!

数多くあるミラー型ドライブレコーダーの中で「AUTO-VOXオートボックス X6」を選んだ理由は下記の通り。

このドライブレコーダーが最善な製品かと聞かれたら「違うかも」と答えます。

しかし個人的には「良し」だと言えますね。

「AUTO-VOX X6」を購入した理由

  • 本体から出るケーブルが1本
  • サンバイザーに干渉しないサイズ
  • GPSアンテナとフロントカメラが一体式
  • モニターに出る余分な表示がすべて消せる

本体から出るケーブルが1本

配線が1本だけでスッキリ

AUTO-VOXオートボックス X6」を選んだ一番の理由は本体から出る配線が1本ということ。

殆どのミラー型ドライブレコーダーは本体からケーブルが3本出ているため見栄えが悪い。

しかしAUTO-VOX製品は1本だけと非常にシンプルです。

これが最大の購入理由となるかもしれません。

じょず

配線がスッキリしているのは最高ですw

サンバイザーに干渉しないサイズ

C-HRの標準ミラーとほぼ同じ大きさの「AUTO-VOX X6」

大きすぎないサイズ(9.35インチ)でサンバイザーに干渉しない。

サイズの大きいミラー型ドライブレコーダーは表示される範囲が広がるメリットがある反面、サンバイザーに当たってしまうというデメリットがあります。

これはシンプルに頂けない。

通勤で毎日使う車両なので、ほぼ毎日サンバイザーを使う機会があります。

毎日毎日ミラーにサンバイザーが当たる(干渉する)なんて想像するだけでもストレス半端ない。

「大きすぎないサイズ」これは必須条件でした。

じょず

サンバイザーに干渉しないのは地味に嬉しいw

GPSアンテナとフロントカメラが一体式

何気に邪魔な「GPSアンテナ」

この製品はフロントカメラとGPSアンテナが一体式という点が素晴らしく合理的。

「配線がいっぱい出ています」的な取付を回避するには、ほぼこの製品しか選択肢が無かったと言えます。

少しカメラユニットが大きいですが、スッキリして最高ですよ。

じょず

とてもスッキリでイイ感じw

モニターに出る余分な表示がすべて消せる

ほとんどの製品はモニターに表示される時計やアイコンなどを消すことができますが、一部に消せないモデルもありました。

個人的には余分なアイコンや表示は不必要でシンプルが一番。

映像だけを確認したいのですべての表示を消せるこの機種になりました。

ミラー型ドライブレコーダーの取付は「くらしのマーケット」にて

自分で取付することも考えましたが、とても大変そうだったので業者に依頼することに。

購入はAmazon、取付業者は「くらしのマーケット 」からエリアを選択、絞られた業者から申し込み。

費用は前後カメラの取付とヒューズボックスから電源を取る作業などすべて込みで15,000円なり。(※依頼先により料金設定は変わります)

  • 作業時間 2時間
  • 工賃 15,000円(税込)

自分で取付すればこの金額を節約できますが、なんだかねとても大変そう。

事前にYouTubeで取付方法をかなり勉強してんですがね、、、挫折しました。

業者は良いですよ、作業は2時間でキレイに取付して頂きましたよ。

感謝。

じょず

自分でも出来そうな気がしますが、お願いして良かったですw

カメラの取付位置など親切にアドバイス

親切丁寧な作業

くらしのマーケット 」の利用はオートバックスなどの大手ではなく、個人経営的な業者が多く不安もありました。

しかし打合せの電話から丁寧な対応を頂き、取付当日も親切で不安は吹き飛びます。

事前に自分で考えていたカメラの取付位置についてもアドバイスを頂きながら、場所を変更して取付。

結果大満足、★5つ。

じょず

すごく親切な方が来て良かったw

【総評】「AUTO-VOX X6」は★4つ

防眩機能が弱い(※ナンバーはぼかしを入れています)

とても満足している「AUTO-VOXオートボックス X6

しかし唯一の不満が夜間の防眩ぼうげん機能の弱さ。

防眩ぼうげん

まぶしさを防ぐこと。強すぎる光をやわらげること。「防眩ミラー」

出典コトバンク

昼夜問わず最高の映像を提供してくれる「AUTO-VOX X6」ですが、夜間後続車のヘッドライトの防眩機能が弱く、画面の中で白トビしています。

鏡ではなくモニター越しのため眩しくはありませんが、後続車の視認性はイマイチ。

近くまで寄ればナンバープレートまでしっかり確認できるので事故や煽り運転に対しては問題ありませんが、ココだけが唯一の不満です。

他の部分が優れているため★5つを付けたいのですが、防眩機能が弱いのでひとつマイナスの★4つ。

うーん、コンセプトは素晴らしいので、本当に残念です。

でも個人的には凄く満足していますよ。

じょず

ちょっぴり惜しいけど、総合的に大満足!

今回購入したミラー型ドライブレコーダー

AUTO-VOX
¥21,900 (2022/05/20 22:04:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事はこちら

【バックモニターが鮮明に映る】雨の日には必需品「ガラコ ミラーコートZERO」は簡単1秒で施工完了 【トヨタC-HRを購入した理由】購入して分かる魅力的なところと不満点はココ 【C-HR LEDルームランプ】純正の暗い照明はストレス!オフィス並の明るさで超快適なLEDへ交換は必須!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です