実体験!完全に汗が止まった多汗症の「薬」を紹介

【24時間スマホで支払いOK】忙しい人にはオススメ!自動車税をクレジットカードで払ってみました

今年も「自動車税(自動車税種別割)」の季節がやってきました。

ある意味、恐怖の通知ですが車に乗るものとして税金を払わない訳にはいきません。

今ままではコンビニで現金支払いをしていたのですが、今年はクレジットカードで支払ってみました。

初めてのことなので少し戸惑いましたが、無事カード払いにて税金を納めることができたのでレポートです。

じょず

今年はクレジットカードを使ってみましたw

自動車重量税・自動車税種別割 とは?

  • 【自動車税種別割】毎年5月に納税
  • 【自動車重量税】新車購入時と車検時にまとめて納税

ちなみに毎年5月に納税する自動車税のことを「自動車税種別割」と言います。

「自動車重量税」とは新車購入時と車検時にまとめて払う税金のことになりますので参考までに。

関連記事はこちら

【自動車保険の更新】見積もりをイッパイ取ったらSBI損保が最安でした

自動車税種別割はクレジットカード払いのメリットが大きい

毎年のことですが、自動車税種別割の支払いは期限ギリギリになることが多くあります。

それなりの金額のため支払いを躊躇するのも理由の一つですが、金融機関やコンビニなどで支払いをする必要があるのも面倒です。

そこでオススメなのがクレジットカード払い。

カード払いには多くのメリットがあるため、今回は試してみることにしました。

クレジットカード払いのメリット

  • 24時間スマホで決済可能
  • 引き落としが翌月以降になる
  • ポイントが付く
  • 分割払い可能

じょず

カード払いにはメリットがたくさんありますよw

24時間スマホで決済可能

最大のメリットは自宅に居ながら自動車税種別割の支払いができること。

仕事で忙しいときでもスマホさえあれば、その場ですぐに納税が完了できます。

それも時間帯は関係なく、24時間いつでも支払いができる気軽さ。

仕事や家事で忙しい人には嬉しいサービスですね。

引き落としが翌月以降になる

4月・5月って何かと出費がかさみます。

出来れば税金の支払いを先延ばしできないかと考えるのは、私だけではないはず。

クレジットカードでの支払いは翌月以降の引き落としになるため、取り合えず苦しい時期を乗り越えることができるのは本当に助かります。

とくに懐が寂しい時にはとても助かりますね。

クレジットカード利用によりポイントが付く

今回使用したクレジットカードは「楽天カード」を使用。

自動車税種別割の納付による還元は100円につき1ポイント(2021.6.1より500円につき1ポイントに変更)となかなかお得です。

せっかくなので使わない手はありません。

分割払い可能

使用するクレジットカードによりますが、分割払いに対応している場合が多くあります。

一括での支払いが厳しい場合は検討してみると良いかもしれません。

実際の写真で見るクレジットカード支払いの流れ(愛知県版)

クレジットカードでの支払いについて、簡単に流れをまとめましたので参考にどうぞ。(本当に簡素です)

じょず

本当に簡素ですみませんw
STEP.1
QRコードの読み取り

郵送された「自動車税種別割」に同封された冊子のQRコードをスマホで読み込む

STEP.2
支払いサイトが開く
STEP.3
通知書の金額を入力

通知書に記載のある金額を入力し「試算」をタップ→手数料を含めた金額が表示される

STEP.4
バーコードの読み取り開始

「バーコードの読み取り開始」ボタンをタップ

STEP.5
バーコード読み取り

通知書に印刷されたバーコードをカメラでスキャン

STEP.6
納付情報が表示

納付番号他、車の登録番号、納付金額等が表示される

STEP.7
クレジットカード情報を入力

使用するクレジットカード番号と付随する情報を入力、支払回数を選択

STEP.8
支払手続き完了

すべての情報が表示され完了(完了メールも届く)

じょず

簡単に納税完了ですw

クレジットカード払いのデメリット

簡単で便利なクレジットカード払いですが、若干のデメリットがあります。

2つのマイナス面があるのでご案内。

クレジットカード払いのデメリット

  • 手数料が必要
  • 領収証書が発行されない

じょず

少しですがデメリットがあります

手数料が必要

コンビニエンスストアや金融機関での支払いは無料となっていますが、クレジットカード払いだけは手数料が必要になります。

それも一律ではなく、納税額によって手数料が変わるので注意が必要。

愛車のC-HRに関して納付金額は39,500円のため、321円の手数料が掛かりました。

楽天カード利用によるポイントが付与されますが、手数料とほぼ近い金額のためお得さはなくなります。

じょず

手数料とポイント付与で、ほぼプラマイゼロですねw

領収証書が発行されない

クレジットカード払いの場合は領収証書が発行されないため注意が必要です。

領収証書が必要な方はコンビニや金融機関などを利用する必要があります。

ただし、車検の際は証明書(領収証書)の取り扱いが電子的に行えるようになったため「自動車税種別割納税証明書」の提示を省略出来るようになりました。

基本的に証明書は無くても大丈夫です。(ただし納付確認は支払い完了から約1週間後になるため、車検が近い場合はコンビニなどで納付が必要)

じょず

領収証書は無くても大丈夫なんて知りませんでしたw

まとめ

支払い完了で届いたメール

税金のクレジットカード払いは難しそうなイメージがありましたが、実際にスマホで支払いをしてみると想像以上に簡単でした。

わざわざ支払いに行く必要もなく、自宅でスマホから決済が完了するのでとても楽です。

支払いには手数料が掛かりますが、楽天カードを使った決済は100円で1ポイントが付与されるので損はないかと。

支払いに行く大変さを考慮すると、非常にメリットは大きいと言えますね。

領収証書が発行されないデメリットはありますが、車検は問題なく受けることができるので良いかと。

という事で、クレジットカード払いはとてもオススメですよ。

 

関連記事はこちら

【自動車保険の更新】見積もりをイッパイ取ったらSBI損保が最安でした 自動車保険はリアルタイム比較表示「保険の窓口インズウェブ」が便利 【トヨタC-HRを購入した理由】購入して分かる魅力的なところと不満点はココ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です