長年の悩み滝汗に終止符!完全に汗が止まった多汗症の「薬」を紹介

【Nimaso】最強ガラスフィルム「家電批評」ベストバイ製品は圧倒的な耐衝撃・耐摩耗性NO.1

iPhoneを新調したら必要になるのは、保護用のケースとガラスフィルム。

もともとiPhoneは素のままで使うことが素敵だと思っていた裸族?!だったのですが、落としたときのリスクを考えるとケースとガラスフィルムは必須と考えるようになりました。

特に顔面を打ち付けて頬骨骨折したときに、iPhoneも全体が傷だらけになる事態へ…。

ガラスフィルムだけは貼っていたため、画面は守れられましたがフィルムはバキバキになっていました。

そんな経験から、iPhoneのケースとガラスフィルムは絶対に必要と考えるようになったのです。

今回は雑誌「家電批評」のベストバイに選ばれるほど評判の高い、「Nimaso」のガラスフィルムを購入。

1,300円ほどの金額でガラスフィルムが2枚と、簡単に位置決めができるガイド枠が付いていたので非常に満足いく製品でした。

とてもオススメできる製品でしたので、簡単にではありますがレビューと行きます。

じょず

「Nimaso」のガラスフィルムは本当に最高の製品でしたよw

高品質でコスパ最高のガラスフィルム「Nimaso」

  1. ガイド枠
  2. ガラスフィルム ×2
  3. マイクロファイバークロス ×2
  4. ホコリ除去シール ×2
  5. ヘラ
  6. アルコールパッド ×2

Amazonで購入したときの金額は1,300円ほど。

その金額自体がとてもお値打ちだと思うのですが、中身をみるとそのコスパの凄さにビビります。

ガラスフィルムが2枚付いていることもスゴイのですが、貼る時に必要な資材も基本的に2セット付属していました。

これは冗談抜きにスゴイですね。

じょず

すごい良い製品なのにコスパが凄い!

雑誌「家電批評」テスト結果NO.1の「Nimaso」

出典:Amazon

セットの中身が凄いのは当然なんですが「Nimaso」の信頼性は非常に高く、雑誌「家電批評」のベストバイに選出されているほど。

ライバル製品20品中で最高評価(NO.1)が「Nimaso」でした。

出典:家電批評

出典:家電批評

詳しくは「家電批評 2018年12月号」に特集があるので参考にしていただければと思いますが、強度の面だけを考えても地上143cmから鉄球を落下させてもガラスが割れなかったのは20製品中3つ(Nimasoを含む)だけ。

そして「Nimaso」のガラスフィルムは落下テストだけでなく、サンドペーパーで擦ってもわずかな傷が付くのみと最高の強度を実証しました。

ハッキリ言ってしまうと、この雑誌を読んだら間違いなく「Nimaso」しか目に入らなくなると思うんですけどね。

製品によって、凄まじい差があるのが分かりますので…。

Amazonの読み放題「Kindle Unlimited」を契約している方は、無料で家電批評を読むことが可能です。ぜひ確認してみてくださいね。

じょず

Nimasoガラスフィルムの強度は他社製品を圧倒していますよw

「家電批評」NO.1ガラスフィルム

【絶対に失敗しない】キレイに貼ることができる「ガイド枠」が便利すぎる

ガイド枠をiPhoneXRへセット

専用設計なのでピッタリ!

過去に使ってきたガラスフィルムはガイド枠なんてありませんでした。

そのためキレイに貼るのはかなり難しく、多少歪んでしまうことがあったのです。

そう考えると最近のガラスフィルムはガイド枠が付属している製品が多く、本当に有り難いことですね。

じょず

これなら誰でもキレイに貼れますね(笑)

簡単にフイルム貼りが完了

事前にホコリや油分を落とす作業がありますが、それさえ完了すればガラスフィルムを貼る作業は簡単すぎます。

ホコリの侵入だけに気を使えば、あとはガイド枠に沿ってガラスフィルムを液晶面に置くだけ。

位置がズレる心配がないため、簡単に一発で完了!

今どきのガラスフィルムはこんなに簡単でストレスフリーとは、ホント凄いですね。

正確な位置決めが簡単

正確に貼れている角部分

スピーカー部分のズレが一切無い

過去に何度もガラスフィルムを貼った経験から言うと、ガイド枠が無い状態でここまで正確に貼ることは不可能です。

このガイド枠というものを考えた人は尊敬しますよ、よくぞ商品化してくださいました。

これなら手先が不器用な人でも問題なく、美しく正確にガラスフィルムを貼ることが可能ですからね。

じょず

信じられないくらいキレイに貼れています!

「Spigen(シュピゲン)」のケースと相性バツグン

ケースとガラスフィルムを同時に使う時に問題となるのが、お互いが干渉し合うことです。

組み合わせが悪いと、ガラスフィルムにケースが触れるためフィルムが浮いてきたりします。

今回はスマホケースの最高峰とも言える「Spigen(シュピゲン)」を使うことが絶対条件だったため、相性が非常に心配でしたが結果はOK。

関連記事

【iPhoneXR用クリアケース】迷ったらこれ!美しさ・耐衝撃性・高品質の「Spigen(シュピゲン)ウルトラ・ハイブリッド」

とても素晴らしく相性バツグンでした。

これは是非ともオススメしたい組み合わせだと言えますね。

じょず

Spigenのケースには落下から何度もiPhoneXRが救われました、感謝!

【Spigen】最強のスマホケース

総評

iPhoneXR用のガラスフィルムは「家電批評」での検証結果からみても、「Nimaso」以外は候補に入らないかな、と。

それくらい他社製品に対して圧倒的な優位性があります。

ええっ?!ホントか~?と思う方は「家電批評 2018年12月号」を読んでみると良いですよ、こんなにも製品によって品質が違うのかとビックリしますから。

どの製品も硬度9Hと謳っているのに、その強度は全く違うことが分かります。

どうせ購入するならiPhoneをしっかりと守ってくれる確かなガラスフィルムを選びましょう。

私はiPhoneXRに機種を変えてから不本意ですが何回か落下させてしまっています。しかし、画面も本体もまったくの無傷なのは本当に有り難いと思いました。

「Nimaso」のガラスフィルム、「Spigen」のスマホケースには感謝です!

控えめに言っても、最高!!

じょず

ホント、最高です!!

iPhoneを守るオススメ2選

 

関連記事はこちら

【iPhoneXR用クリアケース】迷ったらこれ!美しさ・耐衝撃性・高品質の「Spigen(シュピゲン)ウルトラ・ハイブリッド」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です