【年賀状2019】コスパ・デザイン おすすめ5社を徹底比較

【家庭用Wi-Fi機器】自宅で使うWiMAXとSoftBank Airではどちらが良いのか検証します

自宅用にインターネット回線を設置することを考えると光回線を思い浮かべると思います。

しかし最近では手軽に使えるWi-Fiが人気となっています。

とくに人気の理由としては、設置工事が必要なく電源を入れるだけで使える簡単さが受け入れられています。

そこで最近人気を二分する設置タイプのWi-Fi機器を、いろいろな角度から比較していきます。

奥さん

回線の契約とか面倒だもんね♪
うん、自宅工事とか設定とかいろいろあるからねw

じょず

今回比較はこの2つ

奥さん

いきなりだけど、どっちがオトクなの?
スマホがauなら「UQ WiMAX」、ソフトバンクなら「SoftBank Air」がお値打ちになるよ

じょず

 

 UQ WiMAX auのスマホが毎月1,000円安くなる

 SoftBank Air ソフトバンクのスマホが毎月1,080円安くなる

 

家庭用Wi-FiはWiMAXとSoftBank Airのどちらが良いのか

簡単に電源を入れるだけで使うことができる家庭用のWi-Fi機器は、WiMAXSoftBankの2つが人気を二分しています。

WiMAXからはSpeed Wi-Fi HOME「L01s」、ソフトバンクはSoftBank Air「Airターミナル3」という機器になります。

どちらも導入がとても楽で、自宅でWi-Fi環境を構築するのに大人気となっています。

奥さん

ソフトバンクはCMでよく見るね♪
光回線を引くより手軽だからねw

じょず

一番オトクなWiMAXをみる icon-chevron-circle-right 

一番オトクなSoftBank Airをみる icon-chevron-circle-right 

 

最大のメリットは工事不要ですぐに使用可能

ライバルと言える2つの機器の特徴は、コンセントに挿すだけでWi-Fi環境が構築されることにあります。

今までの光回線のように工事をする必要はありません。

設置する場所に関してもコンセントさえあれば、どこにでも置くことが可能です。コンセント以外は必要ないため、余分な配線がなくスッキリとしています。

奥さん

スッキリして簡単な方がイイです♪
配線はコンセントだけだからね、スッキリしているよ

じょず

 

WiMAX「L01s」とSoftBank「Airターミナル3」の違い

デザイン的に少し違いますが、正直言って雰囲気はそっくりです。

コンセプトもほぼ同じなので、どちらを選んだら良いのか非常に迷うところです。

そこで、料金・対応エリア・通信速度の3つに関して比較をしていきます。

比較項目

  • 料金
  • エリア
  • 通信速度

奥さん

デザインはどちらもカッコイイね♪
すごくシンプルだからインテリアに馴染むね

じょず

 

公式サイト料金比較

ここでの比較は公式サイトで行いました。

UQ WiMAX、SoftBank Airそれぞれ公式である本家以外で取り扱う業者もありますが、今回は基本的な料金を比較する意味合いから除外しています。

大きなキャッシュバックなどのキャンペーンにより、お得になる業者はあとから比較していきます。

今すぐに安い業者が知りたい方はこちらからどうぞ。(後半の記事に移動します)

 
UQ WiMAX
(公式)
SoftBank Air
(公式)
契約期間
(2年間で計算)
2年間 2年間
(機種代金は3年)
機種代金 800円 実質0円
(58,320円)
事務手数料 3,000円 3,000円
基本料金 4,380円 4,880円
2ヶ月間3,696円
割引 スマートバリュー
(auスマホ等
利用が条件)
はじめよう
SoftBank Air割
▲580円/月
(2年間)
おうち割
(SoftBankスマホ等
利用が条件)
▲1,000円/月 ▲1,000円/月
キャッシュバック 10,000円 20,000円
2年間合計金額
(実質料金)
73,552円 62,200円
月額平均 
(実質料金)
3,065円 2,592円
(3年目以降3,172円)
MEMO
2018年9月現在のキャッシュバック・サービス内容となります。

じょず

公式サイトではSoftBank Airのほうが安いかなw

一番オトクなWiMAXをみる icon-chevron-circle-right 

一番オトクなSoftBank Airをみる icon-chevron-circle-right 

エリア

SoftBank Airの通信エリアに関しては古い情報を載せたサイトがほとんどで、最新のAirターミナル3のエリアについて正しくないものが数多くあります。

確かにAirターミナル2までは「AXGP」という方式だけを採用していたので、極端にエリアが狭いのは確かなことでした。

しかし最新のAirターミナル3ではスマホで使われる4G LTE方式も採用されたので、エリア的には問題がなくなりました。

ただしエリアの問題ではなく、夜間になると急激に回線速度が遅くなるという声を頻繁に聞くので、導入は慎重にする方が良いでしょう。

Airターミナル3は凄いバージョンアップしているんだよ

じょず

奥さん

なんだか分からないけど凄いんだね?!

 

東京都を中心としたエリアマップ

SoftBank Air

 
WiMAX
 

通信エリアを比較するとWiMAXよりSoftBank Airの方が若干広いことが分かります。

ただし都市部ではどちらも変わらずカバーしているので、よほど山間部などに行かない場合には気にすることはありません。

奥さん

うちは大丈夫だね♪
都市部に関してはどちらのエリアも問題ないよ

じょず

 

通信速度

  
UQ WiMAX
(L01s)
SoftBank Air
(Airターミナル3)
通信速度
(下り最大)
440Mbps 350Mbps

通信速度に関してはWiMAXの方が早いですが、この数値は理論値なのであまり気にする必要はありません。

それよりも日常の中で安定して出る速度の方が重要です。

その点を考えるとWiMAXに関しては評判は上々ですが、SoftBank Airに関しては良い話しを聞きません。

実際に使ったことがある訳ではありませんが、これほど評判が悪いと正直お薦めすることは躊躇します。

真実のほどは分かりませんが、口コミを何点か添付しますので参考にしてください。

最大速度はまず出ないからね、目安程度に考えるとイイよw

じょず

奥さん

数値的なことはおまかせします♪

 

「SoftBank Air」Twitterの声

信じがたいですが、ひどい口コミが多すぎてカオスです。

ここまで評判が悪いとなんて言ったら良いのか分かりません・・・。

ただしSoftBank Airにして回線速度が速くなり満足しているという口コミもあるので、しっかりと自己判断で決めましょう。

奥さん

なんだかすっごいことになっているね(汗)
本当だったら大変なことだねw

じょず

奥さん

なんだか震えたよ(汗)
怒りのコメントが多いね・・・

じょず

 

SoftBank Airは4年間解約できない罠がひどい

解約時に必要な金額
  2年 3年 4年

機種代金
(3年払い)

19,440円
(残債1年分)
なし なし
解除料
(2年更新)
なし 9,500円 なし

WiMAXに関しては2年契約の場合、当然ですが2年間経過時に解約をすれば費用は一切かかりません。

しかしSoftBank Airに関しては2年契約と短く思いますが、3年間は端末の分割払い期間があるため、料金が掛からず解約するには4年経過する必要があるのです。

ちなみに2年で解約すると機種代金の残り19,440円を払う必要があります。そして機種代金を払い終えた3年で解約すると解除料9,500円が掛かります。

この契約期間と機種の分割期間をずらした方法は、ひっそりと隠された罠のようなものです。

4年間使う前提であれば良いのですが、そうでなければ良く考える必要があります。

さすがトラップの得意なSoftBankですね、あっぱれです。

奥さん

ソフトバンクさんずる賢いね(笑)
もはや解約金で商売しているようなもんだねw

じょず

 

電波状況が悪い場合には8日間であればキャンセル可能

口コミを見ているだけでは実際に通信状況が悪いのかは完全に判断することはできません。

とくにスマホがソフトバンクの場合には割引されるメリットがあるため、SoftBank Airを試したいと思うのは自然なことです。

その際に有効な手段は、8日間であれば電波状況の悪い場合に契約のキャンセルが可能になります。

ただし注意が必要なことに、電波状況などに問題がない場合には契約のキャンセルはできないので、気軽にお試し感覚で申し込んではいけません。

理由なきキャンセルの場合には解除料金や機種代金等が請求されるので、慎重に契約を結ぶようにしましょう。

電波状況が悪いならすぐに手続きをしましょう

じょず

奥さん

8日間だからのんびりできないね♪

 

お値打ちに契約するには代理店を利用する

WiMAX、SoftBank Airのそれぞれ契約するには色々な代理店を選ぶことができます。

その場合は本家のUQコミュニケーションズSoftBankと違いかなり安く契約することが可能です。

心配なことは品質についてですが、公式と代理店は機種・回線のすべてが同じで違いはありません。

代理店だからと言って回線スピードが遅くなる様なことはなく、安心して使うことができます。

ここではお薦めの代理店を紹介していきますので参考にしてください。

  
UQ WiMAX
GMOとくとくBB
SoftBank Air
アウンカンパニー 
契約期間
(2年間で計算)
2年間 2年間
機種代金 0円 0円
事務手数料 3,000円 3,000円
基本料金  4,263円 4,880円
2ヶ月間3,609円
割引  スマートバリュー
(auスマホ等
利用が条件)
はじめよう
SoftBank Air割
▲580円/月
(2年間)
▲1,000円/月 おうち割
(SoftBankスマホ等
利用が条件)
▲1,000円/月
キャッシュバック 34,500円 30,000円
合計金額
(実質料金)
47,504円 52,200円
月額平均
(実質料金)
1,979円 2,175円
(3年目以降2,755円)
MEMO
2018年9月現在のキャッシュバック・サービス内容となります。

WiMAXでは「GMOとくとくBB」が圧倒的に安くなります。auスマホと同時に使うなら月額平均1,979円と、WiMAXの取り扱う業者では一番お値打ちになります。

SoftBank Airに関しては代理店である「アウンカンパニー 」が高額なキャッシュバックもありお得。

ただしSoftBank Airに関しては公式・代理店ともに、4年未満での解約は料金がかかるので注意が必要です。

短期間で解約する可能性があるなら、WiMAXを選択する方が無難と言えます。

個人用のWiMAXを「とくとくBB」で契約したけど、すごく安いからオススメ!

じょず

奥さん

安いのは助かります♪

一番オトクなWiMAXをみる icon-chevron-circle-right 

一番オトクなSoftBank Airをみる icon-chevron-circle-right 

まとめ

自宅用のWi-Fi機器は、料金面と通信環境から考えるとWiMAXに軍配が上がります。

わたし自身も家庭用の据置型ではありませんが、最新機種のWiMAX「W05」を契約しています。

そこでの感想は想像以上に快適な通信環境であること。

家の中では壁で電波が遮断されて、満足な通信環境を維持できないと想像していましたが、予想以上の快適な環境です。

ちなみに下の一覧は私の住むマンションの5階で計測したWiMAXの通信速度になりますが、とても快適で満足しています。

宣伝みたいだけど、WiMAXはとても良いよw

じょず

わたしの使う携帯型のWiMAX「W05」でこの結果であれば、パワーの強い設置型の「L01s」は更に快適な通信環境が期待できます。

WiMAXを使っている立場から言うのはなんですが、契約するならWiMAX一択だと言えます。

ぜひ後悔のない家庭用Wi-Fi機器の契約をするようにしましょう。

一番オトクなWiMAXをみる icon-chevron-circle-right 

一番オトクなSoftBank Airをみる icon-chevron-circle-right 

WiMAXの購入レビューも合わせて見ていただくと参考になると思いますので、ぜひどうぞ。

WiMAXには本当に満足しているので、ぜひレビューも参考にしてほしいですw

じょず

奥さん

お得意の購入レビューね♪
WiMAX購入レビュー

WiMAX「W05」の魅力満載のレビューですw

ぜひ参考にどうぞ!

WiMAX最新機種「W05」購入レビュー!スマホ&光回線との速度比較も発表

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です