実体験!完全に汗が止まった多汗症の「薬」を紹介

【昭和感あふれる美味しさ】きしめん処「竹亭」は夫婦で絶賛するリピート決定の旨さ

昔ながらのきしめんのお店「竹亭ちくてい

近所にあるけど一度も行ったことがなかったお店。

評判は上々で、昭和感満載な店の雰囲気はなんだかホッとします。

肝心な味は上々、昭和の時代が蘇ってくる懐かしい美味しさ。

昭和の味わいを感じたい方には、ぜひ足を運んで頂きたいと思います。

じょず

とても心暖まる美味しさw

笑みがこぼれる懐かしい味の「カツ丼」と「きしめん」

味がしみて美味しそうなカツ丼

近所のきしめん処「竹亭」にてカツ丼ときしめんをオーダー。

このお店は外観から昭和の雰囲気がプンプンしてくる、なかなか古くから営業しているお店。

あまり気にしたことが無かったのですが、実は近所でも評判のきしめん処。

Googleでのクチコミは星4.2とかなりの高評価。

じょず

これは期待できますねw

カツ丼には漬物と豆腐たっぷりのお味噌汁が付く

カツ丼には、みそ汁と漬物が付いてきます。

お味噌汁は豆腐がたっぷり入って、超自分好み。

メインのカツ丼もその昭和ナイズなビジュアルで、期待値マックス。

食べる前からその旨そうな見た目には、脳内が完全にヤラれました。

これは久々にヤバイやつだと直感が警告を鳴らしていますよ。(良い意味ですよ)

じょず

これは絶対に旨いやつですよねw

衣に煮汁が良く染みている「かつ」玉子と煮汁がかつによく絡み、不思議なほど旨い。

口に入れた瞬間に広がる、濃厚な味わいは幼少のころ母親に連れていかれた「うどん屋」の味が蘇るよう。

これぞ伝統の味、正直なところ店の外観などから期待値は低かったのですが(ごめんなさい)、これほど職人の技とも言える味わいを体感させられるとは、恐るべし「竹亭」

なんだかホッとして、ウルッとしそうなくらい懐かしさを感じます。

特別高貴な味わいではないが、最高の味と言えば良いのだろうか。

「美味しい」という表現より、「旨い」と口に出して言いたい。

じょず

カツ丼が旨すぎる!

愛知県民の隠れたソウルフード「きしめん」

多めに七味を入れました

愛知県を代表する麺と言えば「味噌煮込みうどん」が有名ですが、忘れてはならないのが「きしめん

なんだか「味噌煮込みうどん」より軽んじる傾向がありますが、「きしめん」こそ古くから私たち庶民のソウルフードであると言えます。

日ごろ存在自体を忘れがちですが、時折り急激に思い出して食べたくなることがあります。

じょず

「きしめん」こそソウルフードですよw

平らな麺の食感が堪らない

この平ぺったい麺が「きしめん」の醍醐味。

その平麺から味わうことができる独特な食感は、うどんやラーメンでは味わえない不思議な感覚です。

わかめやネギ、かつお節ともよく絡みとても美味しく頂けます。

きしめんを口に入れた瞬間、懐かしさと美味しさに夫婦で顔を見合わせたのは当然のことかと。

本当に旨いんですよね、このきしめん。

じょず

ホント、旨いですよ「きしめん」

【創業48年】毎日仕込む自家製麺

毎日仕込むこだわりの自家製麺

「竹亭」は創業から48年のお店。

不思議と懐かしい味わいと、素材の良さを感じるきしめんは自家製の麺を使用。(きしめん以外の麺も自家製)

毎日仕込むという大変な手の込みようです。(女将さん情報)

どうりで美味しい訳だと、夫婦で納得。

じょず

「竹亭」の麺類はすべて自家製麺!

昭和感を盛り上げる「七味」の容器

缶の容器でできた「七味」

きしめんとカツ丼を食べるなら、絶対に必要と感じる調味料は「七味

ハッキリ言って「七味」がないのは寂しくて堪りません。

そんな七味が各テーブルに置いてあるのですが、容器がとても昭和感満載でホッコリします。

じょず

昭和の雰囲気がよく合う「七味唐辛子」

現在も手に入る缶の調味料

この缶の七味は昔のものかと思ったら、実は現在も販売されているものだと分かりビックリ。

八幡屋礒五郎」という創業が1736年という老舗の会社のものでした。

素材に拘り、品質に拘っている日本の古くからのメーカーで、わが家でも購入することに。

日頃使う七味は味気がないので、気分だけでも盛り上がれば食事も楽しいですからね。

八幡屋礒五郎
¥451 (2021/07/28 14:35:38時点 Amazon調べ-詳細)

じょず

香りもとても良いんですよw

お店の雰囲気は昭和感満載

外観からはお店だと分かりづらい

外観はひと言で表すなら、昔ながらの「きしめん処」

正直、看板が無ければお店であることすら分かりません。

古くから営業を続けてきた「老舗」としての雰囲気が漂っています。

じょず

看板がないと、きしめん処って分かりませんよ(笑)

店内は古いが想像以上に小綺麗で好印象

古いがキレイな店内は好印象

古いけど綺麗」第一印象がそれでした。

外見から想像する段階では、正直なところボロボロというイメージがあり、あまりキレイなイメージを持てなかったのは正直なところ。(竹亭さんごめんなさい)

しかし店内に入った瞬間にその考えは一蹴されます。

確かに昭和の雰囲気が強くあり建物も古いのですが、キレイな状態で営業を続けてこられたことが一目瞭然。

少し前に行ったチェーン店のそば屋なんて、新しい店舗なのに汚い感じがしていたのと対象的です。

食べ物を商売にするということの本質、職人気質をみたような気がしました。

本当に素晴らしいプロのお店ですね。

じょず

とても小綺麗にされていて好印象ですw

「きしめん」メニューがいっぱいでワクワクする

非常事態宣言に伴い営業時間の変更があります

「きしめん」だけでも20種類以上のメニューがあり、どれを食べようかとても迷います。

定番のカツ丼や玉子丼もあり、おつまみや定食もいろいろ。

メニューのくたびれ感が、更に昭和感を加速させます。

じょず

ぼろぼろのメニューですが、綺麗に使われていますよw

【総評】もう一度食べたくなるプロのお店

古き良き時代の「きしめん処」と言ってしまうとそれまでなんですが、「竹亭」で食事をして感じたのはプロ意識の高さ。

食べる料理すべてが美味しい、店は古いが綺麗にしている、そして接客も気持ちが良い。

これぞ職人の集団(年配の方ばかりですが笑)で、完全にリピート決定ですよ。

尾張旭市という田舎町にありますが、お近くの方はぜひ食べてみてほしいです。

なんだか幸せな気持ちになること間違いなし。

当日はオープンに合わせて行きましたが、すぐに5組ほどのお客さんが来て賑わっていました。

やっぱり多くのファンがいるんですね。

当然ですが、私たち夫婦もファンになりましたよ。

じょず

「竹亭」はオススメなので、ぜひ!

「竹亭」詳細

竹亭(ちくてい)
住所 愛知県尾張旭市旭前町4丁目7-7
電話 0561-54-1555
営業時間 11:00~14:00(L.O.13:45)
17:00~20:00(L.O.19:45)
定休日 木曜日

 

関連記事はこちら

【虎玄】辛さ・うま味のバランスが絶妙!ミシュランガイド掲載店の「担担麺」が究極に旨い 【つけ麺専門店 三田製麺所】クセになる旨さの「辛つけ麺」三田盛ランチにハマり過ぎて他のラーメン屋に行けない 【究極の女子向けランチ】長いも・なす・ヒレかつ・とろろと女性にオススメ「かつ雅ランチB」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です