ブログ名とWordPressテーマを変更しました

「萌え」なしで年末年始に観たい2017年の超おすすめアニメを3つ紹介【大人用】

年末年始に見たいアニメの紹介です。

冬休みの時期である年末年始は、テレビは特番ばかりで、つまらない生放送をダラダラ流し続けているのが毎年の恒例行事。

テレビがつまらないので、年末年始はDVDレンタル店が大盛況になりますね。

そんな時期にまとめて見ることができるアニメの中で、3つオススメを紹介したいと思います。

それぞれが中だるみのない展開で、素晴らしい完成度なので絶対に飽きることなく鑑賞できます。

本当にオススメの大人のアニメです。

 

「いぬやしき」

最近のアニメの中で大人が楽しめるモノと言えば、一番に候補として挙がるのが「いぬやしき

とにかく面白い、何がと言われるとその独創的なストーリーと作画、そして登場人物たちの心理描写が逸品なところが凄すぎる。

作者は奥浩哉(おくひろや)、少し前に話題の作品であった「GANTZ」の作者である。

「GANTZ」は週間ヤングジャンプで連載して大ヒット、その後はテレビアニメ、そして実写映画化までしているので知っている人は多いと思います。

そんな天才的な世界観を持つ作者が放つ、最新の話題作が「いぬやしき」です。

 

\ 年に一度のビッグセール /

イントロダクション

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け自暴自棄になる。

その晩、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は
人間を遥かに超越する力を手に入れることに。

一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。

自分の意に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。

人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。

出典 Amazon

テレビアニメは全11話で完結。

12月15日に完結したばかりの作品で、イッキ見するのがオススメ。ストーリーはギュッと凝縮されており、ムダがまったくありません。

きっと1話を見たら止まらなくなること間違いナシの、凄い作品。

原作コミックも全10巻で完結しているので、ちょうど良い長さです。

アニメはAmazon独占配信になるので、プライム会員の方はスグに全話見ることが出来ます。

 

Amazonプライム会員の方はこちら▼

icon-chevron-circle-rightいぬやしき

プライム会員未加入のかたはこちら▼

Amazonプライム(30日間無料)

 

コミックも超オススメ▼

 

魔法使いの嫁

魔法使いの嫁」は人生に疲れたと思った人にみて欲しい作品。

主人公の羽鳥チセは絶望のなか生きている。生きる理由も見いだせず、帰る場所もない。

そんなチセが異形の魔法使いエリアスと出会い、緩やかに時間が経過していく。

チセが自分の居場所と自分自身を、ゆるやかな時間の流れの中で取り戻していく姿に共感し、自分のことのようにチセを見守る感覚。

気がついた時には引き込まれ、そして心が揺さぶられる物語。

なんだか毎回泣きそうになる自分がいる、そんなアニメです。

かなり好きだな。

 

\ 年に一度のビッグセール /

イントロダクション

羽鳥チセは15歳の少女。彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。

そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。

悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。

これは、世界の美しさを識る為の物語。

出典 Amazon

Amazonプライム会員の方はこちら▼

icon-chevron-circle-right魔法使いの嫁

「魔法使いの嫁」を観ることができるサービス▼

Amazonプライム(30日間無料)

icon-chevron-circle-righthulu(2週間無料)

icon-chevron-circle-rightFODプレミアム(31日間無料)

 

コミックもオススメ▼

 

幼女戦記

これほど誤解を生じるアニメはないであろう代表格。

「幼女」とタイトルにある時点で、視聴をやめる方はある一定数いると思われる。

実際に私自身も「萌え系アニメ」と思い込み、観る気がまったくなかった作品である。

しかし、あまりにも評判がよいため1話だけと思い見たところ、、、ハマった。

これは幼女というのはその姿だけでしかない。その中身は現代の性格の悪いおっさんが、少女の姿に転生したにすぎない。

それも他を圧倒する魔導師としての力をもった、奇跡の少女として。

其れは、幼女の皮をかぶった化物―。」主人公ターニャ・デグレチャフを表す言葉である。

魔導師という存在が空想の世界を描く物語と思われるかもしれないが、丁寧な戦争の描写や恐怖、そして狂気が上手に表現されている。

一度見だすと止められない魅力があり、最後まで飽きさせること無く視聴させる完璧な作りである。

この「幼女戦記」は幼女という言葉と主人公のビジュアルに騙されてはいけない、近年まれに見るとてつもない傑作だといえる。

 

\ 年に一度のビッグセール /

イントロダクション

統一暦1923年6月。ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。

協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、ターニャはとある作戦に打って出るのだが。

出典 Amazon

Amazonプライム会員の方はこちら▼

icon-chevron-circle-right幼女戦記

「幼女戦記」を観ることができるサービス▼

Amazonプライム(30日間無料)

icon-chevron-circle-rightFODプレミアム(31日間無料)

 

コミックもオススメ▼

 

まとめ

2017年のアニメで凄いお気に入りを紹介しました。

今回は大人でも楽しめるという基準で、「萌え」を一切排除しています。

萌えを期待していた人はごめんなさい、まったく萌えはありません。

あと前回紹介した「キノの旅」と「少女終末旅行」も凄くオススメなので、一緒にどうぞ。

ホント、良作がたくさんあるので、オススメを考えるのを迷ってしまいますね。

中年でも楽しめる1話完結型のアニメはこれだ!緩やかで深く素敵な物語2つを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です