ブログ名とWordPressテーマを変更しました

【台湾に感謝】風化させてはダメ!東日本大震災のときに台湾がしてくれたことの凄さを振り返ります

本当に今さらと言われそうだけど、多くの日本人が知っているようで詳しく知らない事実を言いたいです。

それは東日本大震災のときに台湾という友愛溢れる国が何をしたのかを。

あまりにも日本のメディアでは取り上げられない真実を、皆さんにも知って欲しいと思います。

そして絶対に忘れてはなりません。

 

東日本大震災で台湾が日本にしてくれたこと

台湾と聞くと何を想像するだろうか、親日とか日本の文化を色濃く受け継いでいるとか色々思い浮かぶと思います。

しかし台湾の凄さを伺うことになったきっかけは、日本で起こった東日本大震災に対する台湾の人々の活動である。

 

台湾からの義援金は驚きの200億円以上

台湾が日本にしてくれたことは凄まじい。

東日本大震災の時は台湾だけではない、小国や最貧国と呼ばれる国々も日本に対して義援金を送ってくれました。

とても感謝するべきことです。

その中でもとりわけ目をひくのは台湾からの義援金が200億円以上ということでした。

台湾の人々のもつ友愛の心が凄すぎて涙がでてきます。

参考 ウィキペディア

 

台湾の面積は九州とほぼ同じ

200億円をこえる義援金を送ってくれた台湾ですが、その国土面積は日本の九州と同じくらいしかありません。

そう考えると台湾の人々の日本へ対する気持ちは隣人という粋を超えています。

九州と同じ大きさの国が、アメリカなどの大国と変わらぬ義援金を私たち日本に送ってくれたのです。

もう涙なくして語ることはできませんね。

 

日本赤十字への義援金だけでも29億円を超える

出典 朝日新聞デジタル

義援金の多さで語るのは違うと思っていますが、さすがに台湾の義援金は凄いとしか言いようがありません。

日赤に送られた分のデータですが、アメリカの1位という金額には誰もが納得することだと思います。

しかし驚くべきは台湾、アメリカについで2位です。いったいどんな国であるのかと興味が湧いてきます。

そして、そのあとに続くタイ、オマーンなどにも驚きを隠せません。

詳しくはぜひ朝日新聞デジタルの記事を参照してください。なんだか世界と日本の関係が見えてくるようで参考になります。

 

セブンイレブンの募金は世界第1位の約3億368万円

出典 セブン-イレブン記念財団

もう言うことはありませんね。

台湾が圧倒的な募金になります。3億368万円を4,753店舗で集めて頂いたので、1店舗あたり63,892円となります。

ちなみに1店舗当りの募金額平均では108,519円のインドネシアが最高でした。

ほんと、感謝しかありません。

 

台湾のチャリティー番組の取り組みが凄すぎる

台湾のチャリティー番組で集まった義援金は21億円を超えました。

凄いです台湾、愛してやみません。

そしてもう一つの動画は、台湾が日本にしてくれたことをまとめたもので逸品過ぎます。

ぜひ見て頂きたいと思います。スルー禁止ですよ。

ありがとう台湾!

 

台湾の電子機器メーカーASUSがマザーボードに刻印した「GOD BLESS JAPAN(日本に神のご加護を)」

スマホやパソコンで有名な電子機器メーカー「ASUS」ですが、知らない人からすると中国系のメーカーという認識になるのかもしれません。

しかし、ASUSは中国ではなく台湾のメーカーです。

その事実が話題になったのがマザーボードに刻印されたメッセージ「GOD BLESS JAPAN(日本に神のご加護を)」のことでした。

近隣の国で日本に対するのは反日のことばかり聞かれます。そんな中で台湾のASUSの行った行為は友愛に満ちて泣けてきます。

それもメーカー主導で行ったのではなく、そこで働くひとが勝手に刻印を入れたという事実に感動を覚えます。

このことは別記事にしていますので、ぜひ御覧ください。

今さら?涙なしでは語れない感動の事実「GOD BLESS JAPAN」って知ってますか?

 

まとめ

ここで紹介したのは一部でしかありません。

それにしても台湾って凄いと思いませんか?

しかし台湾と日本には正式な国交がありません。世界的にみても台湾の位置づけは微妙な立場にあり、中国との兼ね合いで難しい問題となっています。

台湾と正式に国交があるのは20カ国しかありません。

台湾と外交関係にある国(計20カ国)
大洋州(6か国)
  • ツバル
  • ソロモン諸島
  • マーシャル諸島共和国
  • パラオ共和国
  • キリバス共和国
  • ナウル共和国
欧州(1か国)
  • バチカン
中南米・カリブ(11か国)
  • ドミニカ共和国
  • グアテマラ
  • エルサルバドル
  • パラグアイ
  • ホンジュラス
  • ハイチ
  • ベリーズ
  • セントビンセント
  • セントクリストファー・ネーヴィス
  • ニカラグア
  • セントルシア
アフリカ(2か国)
  • スワジランド
  • ブルキナファソ
出典 外務省

そんな事情から東日本大震災のときに真っ先に駆けつけてくれた、台湾の救助隊を2日間も足止めしたのは悲しい事実です。

その2日間で救えた生命がどれほどあったことか・・・。

その時の日本政府の対応には怒りすら覚えたのは今も記憶にあります。政治のことはあまり言いたくありませんが、時の与党であった「民主党」には憤慨したものです。

未曾有の大災害の時にどこの国を見ているんだと、日本の現状を良く見ろよと思ったのは私だけではないはずです。

 

話は脱線してしまいましたが、台湾には本当に感謝です。

そして最後になりますが、台湾に神のご加護を。

 

台湾に感謝の関連記事

 

どの製品か迷っているなら台湾のASUSをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です