【2017年11月版】データ定額プラン20GBとポケットWi-Fiを持つのはどちらが良い?

いまソフトバンクでiPhone7 Plusを使っているんですが、パケットが足りません。

外出先でYouTubeなどの動画を見ることはほとんどありません、一番多いのはブログを見たり、TwitterやFacebookなどのSNSを利用する時間が多いだけです。

しかし、油断していると契約の5GBは思ったより簡単に超えてしまいます。

目次

新プラン「ギガモンスター」が気になるけどお得なのか?

2016y10m03d_230450173

TVCMですごいインパクトがある「ギガモンスター」とはいったいどんなサービスなのか、20GBの大容量と考えるとかなりの容量アップになるので調べることにします。

現在利用しているプランは「データ定額パック・標準(5)」、データ容量5GBで5,000円の月額使用料になります。

自宅にはWi-Fi環境があり、外出先ではYouTubeなどの動画再生をほとんどしなければ、5GBのデータ定額パックでも足りると思います。

しかし、動画の再生や長時間のネットの閲覧をすれば5GBでも不足します。

実際に最近の傾向としては、外出先で動画の再生はほとんどしませんが、ネットの閲覧やSNSの利用が多く5GBでは足りないことが多くなりました。

じょず
そんなに色々やってないのに5GBオーバーします…
奥さん
ギガモンスターの20GBにしたら?♪
じょず
そだね、調べてみるわ♪

1,000円アップで5GBから20GBへ

fig_graf

ソフトバンクの売りは、1,000円追加するだけで5GBから20GBへと、実に4倍ものデータ容量になると言うことです。

これだけを聞くと大変お値打ちなプランで申し分ないのですが、本当にお値打ちかが気になります。

携帯業界のプランの歴史はその複雑な構成にあり、正直いって顧客を欺くことが多く、結果的にそんなに安くないことがほとんどです。

プランの計算方法などがむずかしく、一般の消費者に分かりづらい内容になっているのです。

それも悪いことに、ソフトバンクだけではなくauやdocomoも足並みを揃え、談合しているとしか思えないプラン設計。われわれ消費者をバカにしたともいえる内容なので、大々的に宣伝するプランほど注意して調べる必要があります。

※ソフトバンクの50GBプランについては他社は追随していません

じょず
すごいよ、1,000円アップで20GBはおとくかも…
奥さん
それにする??
じょず
もうちょっと調べてみるね
奥さん
がんばれ~♪

ソフトバンク新旧プランの比較

ソフトバンクの新旧プランを表でまとめたものが下の表になります。

旧プランが7段階の料金設定がありましたが、新プランは5段階とシンプルになりました。その点は評価したいと思います。

いままで20GB16,000円かかっていたプランが、20GB6,000円10,000円も安くなりました。50GBに関しては過去のプランには無い大容量でかなりお得と言えます。

普通に考えれば「お得」以外の言葉は思いつかない、素晴らしいプランです。

以前のデーター定額パックの料金

データ定額パック 容量 月額料金
データ定額パック・小容量(2) 2GB 3,500円
データ定額パック・標準(5) 5GB 5,000円
データ定額パック・標準(8) 8GB 6,700円
データ定額パック・大容量(10) 10GB 8,000円
データ定額パック・大容量(15) 15GB 12,500円
データ定額パック・大容量(20) 20GB 16,000円
データ定額パック・大容量(30) 30GB 22,500円

H29.9.22より新料金体系「ギガモンスター」「ウルトラギガモンスター」

データ定額サービス 容量 月額料金
データ定額ミニ 1GB 1GB 2,900円
データ定額ミニ 2GB 2GB 3,500円
データ定額 5GB 5GB 5,000円
ギガモンスター
データ定額 20GB
20GB 6,000円
ウルトラギガモンスター
データ定額 50GB
50GB 7,000円

他のキャリアはどうなのか?

ソフトバンクと対抗するauとdocomoについては料金プランに違いがあるか調べます。

、、、今まですべて同じ料金であったはずが、50GBのプランに関してはau、docomoは追随をしていません。

さすがに50GBを安い金額で出すメリットはないと判断したようです。

データ容量 logo-2015-rf2 gnav_logo logo_header_01
1GB 2,900円 2,900円 2,900円
2GB 3,500円 3,500円 3,500円
5GB 5,000円 5,000円 5,000円
20GB 6,000円 6,000円 6,000円
30GB 8,000円 8,000円
50GB 7,000円
テザリング
オプション
1,000円 1,000円 1,000円
各社プラン名

  • SOFTBANK「ギガモンスター」
  • au「スーパーデジラ」
  • docomo「ウルトラパック」

2016y10m03d_230450173

main-1

img_ultra-pack

スポンサーリンク

新プランの追加項目

大容量のパケットプランにしたい理由のひとつに、ノートパソコンやタブレット、ゲーム機などをスマートフォンにWi-Fi接続したいことがあります。

少しの利用なら、ポケットWi-Fiなどを使う必要もなく、手持ちのスマホのテザリング機能を使えば経済的といえます。

各社足並みそろえて5GBが20GBまで4倍も容量が増えて、1,000円の追加とはかなり良心的と言いたい、、、ですが、隠れた追加項目があります。

「テザリングオプション」が1,000円追加になるのです。

テザリング

fig_tetheringテザリングとは、Wi-Fi対応のパソコンやタブレット、ゲーム機などに対して、手持ちのスマホをWi-Fiルーター(親機)としてインターネット接続できる通信機能

じょず
テザリングを使用するだけで1,000円アップって、どうなん!?
奥さん
そんなもんじゃないの?
じょず
テザリングはスマホにある機能なんだよ…、その機能を使うだけで1,000円って、どうなん?
奥さん
納得いかない?
じょず
うん、そだね…

今までのプランはテザリングオプションは無料で使用できた

今までのプランはテザリングオプションは実質無料で使用できました。

しかし今回の新プラン導入で、テザリングを使うには1,000円プラスでかかります。つまり、5GBから20GBにデータ容量をアップさせるとデータ料金1,000円とテザリング使用量の1,000円、合計で2,000円の追加になるということです。

まあ、見方をかえれば2,000円追加しただけでデータ容量が4倍になれば、素晴らしく安いともいえます。

テザリングを使わない人にとっては、1,000円の追加でデータ容量が4倍になるので、何も文句のない優良なサービスとなります。

テザリングを使わないなら新プランはかなりお得

パソコンやタブレット、ゲーム機にテザリング機能を使い、お手持ちのスマホをWi-Fiルーター(親機)として使う要素(テザリング)が必要ない人は、新プランは大変魅力的で間違いありません。

その場合は、何も考えなくても大丈夫です。自分の使う容量に合わせて20GBや30GBを選んでも後悔はないことでしょう。

テザリングを使うことがなければ、超お得なプランといえます。

じょず
テザリング使わないなら最高のプランなんだけどね
奥さん
iPhoneしか使わない私にはぴったりだね♪
じょず
そうなんだよね、iPhoneだけならね…

テザリングを使う予定があれば考える必要がある

テザリングは大変便利な機能ですが、たまに使う程度のイレギュラー的要素なら問題はほとんどありません。

しかし、頻繁にノートパソコンやタブレット、ゲーム機をテザリング接続するなら、今手持ちのスマホではなく、別のポケットWi-Fiなどを考えたほうが精神的なストレスも軽減されます。

スマートフォンでテザリングするデメリット

一番の問題点はスマートフォンのバッテリーを著しく消費することです。

外出先でテザリングを使い、他の機器にWi-Fi接続を提供できたとしても、肝心の本体であるスマホが充電切れになってしまえば意味がありません。

ただでさえバッテリーの持ちが良いとは言えないスマホです、テザリングをする時は電源の確保をする必要が出てきます。

電源の確保ができないのであれば、数分程度の使用に関しては問題ありませんが、それ以上の時間であればお勧めはできないです。

じょず
外出先でノートパソコンをテザリングするんだよね…
じょず
iPhoneが熱をもって、電池もなくなるし、困るんだよね
奥さん
iPhoneかわいそう?♪
じょず
あ、ああ~かわいそうかも♪電池がなくなると仕事に支障がくるんだよね
奥さん
電話に出ないのはそんな時なんだね~♪
じょず
お、おう…

動画再生の通信容量はどれくらいかかる?

動画再生で考えると1分あたり4MBほど必要になります。60分で240MBの通信量になるのが分かります。あくまでも画質や通信環境によっても差が発生しますが、動画再生はかなりの通信量となるのです。

2016y10m04d_113851045
参考
SOFTBANK

1時間240MBの通信量が必要な場合、83時間の動画視聴で20GBに到達します。少し高画質な動画であれば1時間の通信量500MB~1GBに達する場合もあるので、20時間で20GBを使い切ってしまうこともあります。

じょず
ドラマや映画をみたら、あっという間だよ20GB
奥さん
ヘビーユーザーだね♪
じょず
かもしれん

制限のないモバイルWi-Fiの方がメリットが大きい

20GBプランで6,000円+テザリングサービス1,000円の合計7,000円をパケット通信料として払うことを考えれば、通信量の制限がないモバイルWi-Fiを導入したほうが、お得になります。

実際に今人気のUQ WiMAX2+のポケットWi-Fiなら月間の通信量制限なしで使えます。

月間で使える通信量は制限がなく、万が一通信速度規制がかかったとしても、WiMAX2+であれば18時頃から翌日2時頃までのわずか8時間しか制限が掛かりません。

それも制限された状態でも、YouTube動画を観ることが可能な1Mbpsの速度があるので問題がありません。

■通信制限・利用制限について
・料金プランに関わらず、混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。
直近3日間の速度制限の内容については2017年2月2日より下記の通りとなります。
【速度制限がかかるご利用データ量】
 3日間で10GB以上ご利用の場合、速度制限を行います
【制限後の最大通信速度】
 概ね1Mbps(※2)
※2 送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります。
【制限時間】
 3日間のデータ通信量が10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(2017年2月時点:18時頃から翌日2時頃まで(※3))
※3  2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで速度制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断して接続しなおすと速度制限が解除されます。

出典 GMOとくとくBB

じょず
通信制限されても普通にネットをするのに支障がないってさ、すごいね
奥さん
これは実質的に制限が無いようなもんだね♪
じょず
無限に使いたい放題ってことだよねw
奥さん
家族で使うことができるね♪
WiMAX2+」現在発売中のモデルなら、最大接続可能台数10台と家族全員で使用するのも問題ありません。

月間の通信制限ナシ「So-net モバイル WiMAX 2+」を見てみる  

  So-net
(ギガ放題)
大手キャリア
料金プラン

無制限 2,980円
(19~24ヶ月目3,280円)
別途コース料金200円/月

1GB 2,900円
2GB 3,500円
5GB 5,000円
20GB 6,000円
30GB 8,000円
テザリング料金

必要なし

1,000円

大手キャリアのデータ定額プランを20GBで算出をし、比較した場合。

  So-net
(ギガ放題)
大手キャリア 大手キャリア
データ料金 無制限
2,980円
(19~24ヶ月目3,280円)
別途コース料金200円/月
20GB
6,000円
30GB
8,000円
必要プラン キャリア定額プラン2GB
3,500円
テザリング
1,000円
テザリング
1,000円
合計 6,680円
7,000円 9,000円

大手キャリアのデータ定額は1GBにすると月月割(ソフトバンクの本体割引制度)は適用されません。現在の契約から1GBに変更の際も月月割は終了します。大手キャリアの他社でも同じ状況になります。

つまり、最低2GBのデータ定額プランは残す必要があります。

じょず
 WiMAX2+を導入するなら注意が必要、キャリアのプランを1GBプランにしてはいけないです
奥さん
注意しないと、やっちゃいそうだね♪

金額の差はないが内容の差が大きい

コストパフォーマンスという点で「WiMAX2+」を選択することは、かなりのアドバンテージといえます。

 GMOとくとくBB「WiMAX2+」と大手キャリアのデータ定額20GBを導入するコストとほぼ同じ結果になります。

しかし、本来であれば20GBより大きな容量である30GB以上のプランと比較するほうが正しいと言えます。

その場合では圧倒的に「WiMAX2+」の方が安くなるので、比較しても勝負にはなりません。

ただし、通信制限がない「WiMAX2+」と20GBや30GBという制限がある大手キャリアを比較するのはナンセンスかもしれません。

データ定額20GBプラン以上を導入検討しているなら「UQ WiMAX2+」が賢い選択

2年間をトータルで考えた場合、キャッシュバックが用意されているモバイルWi-Fiのほうが更に安くなります。

しかし、キャッシュバックは契約した数か月後に自分自身で申請をしないと貰えません。キャッシュバックの申請を忘れることがないように注意が必要です。

その点ではキャッシュバックがあるプランより、月額最安値のプランの方が難しい手続きや申請が必要ないので、気軽に安く使いたい方にはもってこいと言えます。

ただし2年間のスパンで考えた場合、WiMAX2+「GMOとくとくBB」のキャッシュバックプランは業界最高金額33,000円のキャッシュバックがあるのでトータルで最安値になります。

とにかくトータルで考え、月額料金が安くなることを考えると「GMOとくとくBB」のキャッシュバックプラン一択になります。そしてキャッシュバックの3,000円分をクレードルにする特典も選ぶことができます。

月々が確実に安くなるプランか、2年間でトータル最安値になるキャッシュバックプランから選ぶことで、失敗のないWiMAX2+が手に入ります。

じょず
じぶんなら毎月の最安値がいいかな、1年後のキャッシュバックはあんまりかな~
奥さん
わたしは断然キャッシュバック!!33,000円♪

お得なプロバイダーNO.1をピックアップ

ここで注意が必要なことは、So-net」の料金表示だけが毎月必要である「コース料金」の200円が含まれていない点です。

そのため、So-netに関しては合計金額・月額平均に対して、毎月必要となる「コース料金」の200円を加算して計算しています。

プラン  月額最安値
NO.1
キャッシュバックで最安値
NO.1
プロバイダー

So-net

GMOとくとくBB
月額料金 2,980円
(19~24ヶ月目3,280円)
別途コース料金200円/月
4,263円
(2か月間3,609円)
キャッシュバック なし 33,000円
(12か月目)
2年間合計 78,120円
※コース料金含
101,004円
68,004円
(キャッシュバック相殺後)
月平均 3,255円
※コース料金含
2,834円
(キャッシュバック相殺後)
端末代金 無料 無料
クレードル 別売り
3,150円(W04)
3,565円(WX03)
無料特典あり
(キャッシュバックから相殺)

※平成29年11月1日現在の価格・小数点以下は切り上げ計算

WiMAXプロバイダー比較

WiMAXの契約をするうえで考えることはプロバイダーの選定です。

WiMAXの回線自体はどのプロバイダーもUQ mobileの回線を使用しているので違いはありません。しかしそのUQ mobileの回線を利用するプロバイダーにより月額料金やキャッシュバックの金額は変わってきます。

そこで人気プロバイダーによる月額料金とキャッシュバックの違いを比較しましたので、参考にすると良いでしょう。

お得なプラン

月額最安値では「So-net」、キャッシュバックプランの場合は「GMOとくとくBB」が一番オトクなことが分かります。

特にキャッシュバックプランを選んだ場合、2年間実質料金の安さは特出するものがあります。

ただし、サービス開始月の計算は日割りになることが通常ですが、「So-net」「BIGLOBE」に関してはサービス開始月に関しては無料となっています。日割り日数が多くなるほど無料の施策がある方がトータルで安くなると言えます。

つまり「月額最安値プラン」では、ダントツに「So-net」が最安値となります。

2年間トータルで考えると誤差の範囲とも言えますが、少しでもお値打ちに考えるなら計算してみると良いでしょう。

月額最安値プラン(ギガ放題2年)

月額最安値プラン(ギガ放題2年)
プロバイダー 月額料金 2年間合計 月額平均
So-net 2,980円
(19~24ヶ月目3,280円)
別途コース料金200円/月
※サービス開始月無料
78,120円
※コース料金含
3,255円
※コース料金含
GMOとくとくBB 3,344円
(2か月間2,590円)
※サービス開始月日割
78,748円 3,282円
Broad WiMAX  3,411円
(2か月間2,726円)
※サービス開始月日割
80,494円 3,354円
BIGLOBE キャッシュバックプランのみ取扱
UQ mobile 4,380円
(2か月間3,696円)
※サービス開始月日割
103,752円 4,323円

※平成29年11月1日現在の価格・小数点以下は切り上げ計算

月額最安値プラン(ギガ放題3年)

月額最安値プラン(ギガ放題3年)
プロバイダー 月額料金 3年間合計 月額平均
Broad WiMAX 3,411円
(1〜2か月目2,726円・

25ヶ月後〜4,011円)
※サービス開始月日割
128,626円 3,573円
GMOとくとくBB 3,344円
(1~2か月目2,590円・
25ヶ月後~4,263円)
※サービス開始月日割
129,904円 3,609円
So-net 3,280円
(1~2ヶ月目2,480円・
25~36ヶ月目4,179円)
別途コース料金200円/月
※サービス開始月無料
134,468円
※コース料金含
3,736円
※コース料金含
BIGLOBE キャッシュバックプランのみ取扱
UQ mobile 4,380円
(2か月間3,696円)
※サービス開始月日割
156,312円 4,342円

※平成29年11月1日現在の価格・小数点以下は切り上げ計算

キャッシュバックプラン(ギガ放題2年)

キャッシュバックプラン(ギガ放題2年)
プロバイダー 月額料金 キャッシュバック
2年間実質料金 月額平均
GMOとくとくBB
4,263円
(2ヶ月間3,609円)
33,000円
68,004円 2,834円
BIGLOBE 3,880円
(2か月間2,595円)
13,000円
77,550円 3,232円
So-net  ギガ放題3年のみ
Broad WiMAX 施策なし
UQ mobile 施策なし

※平成29年11月1日現在の価格・小数点以下は切り上げ計算

キャッシュバックプラン(ギガ放題3年)

キャッシュバックプラン(ギガ放題3年)
プロバイダー 月額料金 キャッシュバック
3年間実質料金 月額平均
GMOとくとくBB
4,263円
(2ヶ月間3,609円)
31,100円
122,368円 3,400円
BIGLOBE 4,380円
(2か月間3,695円)
30,000円
126,310円 3,509円
So-net  4,179円
(2か月間0円)
別途コース料金200円/月
20,000円
129,286円  3,592円
Broad WiMAX 施策なし
UQ mobile 施策なし

※平成29年11月1日現在の価格・小数点以下は切り上げ計算

解約する場合はいくらかかるのか

WiMAXの契約は基本2年、もしくは3年となります。

それぞれ契約更新月以外での解約は料金が発生するので注意が必要です。

通常は2年の継続は問題ないと思いますが、早期に解約の可能性もゼロではありません。月々の料金も大切ですが、解約料金についても考えておく必要があります。

プラン  月額最安値
NO.1
キャッシュバックで最安値
NO.1
プロバイダー

So-net
 

GMOとくとくBB
契約期間 サービス開始月の翌月から25ヶ月 端末発送月の翌月から24ヶ月
自動更新 あり あり
解約手数料
  • 12ヶ月以内
    19,000円(税抜)
  • 13ヶ月~24ヶ月以内
    14,000円(税抜)
  • 26ヶ月目以降
    9,500円(税抜)
  • 契約更新月は無料
  • 1ヶ月目~24ヶ月目
    24,800円(税抜)
  • 25ヶ月目以降、契約更新月以外
    9,500円(税抜)
  • 契約更新月は無料
契約期間
  • 2年契約】サービス開始月の翌月を
    1カ月目として25カ月間
  • 3年契約】サービス開始月の翌月を
    1カ月目として37カ月間
  • 契約期間の翌月が契約更新月
    (解約金不要)
  • 2年契約】端末発送月の翌月を
    1ヶ月目として24ヶ月間
  • 3年契約】端末発送月の翌月を
    1ヶ月目として36ヶ月間
  • 契約期間の翌月が契約更新月
    (解約金不要)
じょず
基本は契約期間の2年か3年を、使うってことだねw
奥さん
早期に解約することは考えてないけど、もしもの場合もあるからね♪

端末のオススメは最新の「WX04」

2017年11月1日発売されたNECプラットフォームズの「WX04がイチオシです。

今までの機種から、弱点をすべて無くしたといえる完成度は、他のシリーズを選ぶ理由がなくなるほど素晴らしい出来栄えです。

「WX04」は3年プランが必須

しかし、デメリットとしては、UQ mobile以外のプロバイダーの場合、2年プランでは「WX04」を選択することができません。

「WX04」を選択する場合は、割引のないUQ mobileにて契約をするか、他のプロバイダーでは3年プランを選択するしか方法がありません。

3年プランを選ぶメリットは大きい

3年間の契約は長いため心配になるかもしれませんが、大きなメリットもあります。

今までの2年間での契約では、ハイスピードプラスエリアモード」(au 4G LTE通信)を月に1度でも使用した場合には、その月の利用料金にオプション料1,005円が加算されてしまいます。

しかし、3年プランで契約をした場合には、オプション料1,005円/月が無料になるため、あえて3年間の契約にするメリットは非常に大きいと言えます。

仮に1ヶ月に1度でもLTE通信を利用した場合には、3年で掛かる費用は1,005円×36ヶ月=36,180円になります。

契約の際には月々の安さだけを考えてしまいますが、「WiMAX 2+」のエリアも考慮して選択する必要があります。

エリアについては「サービスエリアマップ」を参考にしましょう。
じょず
電波の入りづらいエリアでは、auのLTE通信が使えるメリットは大きいかな
奥さん
LTE通信が使えると、遠出しても安心できるね♪

現在主力の3機種

高評価で人気「WX03」の最新モデル「WX04」

軽量コンパクトで長時間使用できる、NEC製「WX03」の後継機が「WX04

11月1日に発売されたばかりのモデルで、現在は予約まちの状態です。

性能の向上は凄まじく、「WX03」の唯一のウイークポイントであった、LTE通信を利用できない点を改善。

バッテリーの持ち時間に関しても、長時間使用できた「WX03」のノーマルモード10時間を上回る、11.5時間と驚異的な数値を出しています。

前モデル「WX03」から好評で引き継いだ機能のひとつ、クレードルに受信電波を強化する拡張アンテナが搭載されていることです。

他の端末には無い機能で、自宅での使用にはストレスなく使うことが可能。クレードルは別売りですが、自宅で利用するなら必ず購入しておきたい逸品です。

端末の性能やNEC製という安心感から考え、現在最強の端末が「WX04」と言えます。

どの機種がよいのか分からないと迷ったら「WX04」を選べば間違いありません。

708Mbps対応のハイスペックモデル「W04」

2月17日に発売された「W04」の特徴として、東京都、愛知県、大阪府の一部エリアに限定されますが、下り最大708Mbpsに対応した唯一のモデルです。

ハイスピードを求めるなら、「W04」がベストな選択と言えるでしょう。

軽量コンパクト、連続通信時間の長い「WX03」

性能的に4G LTEが使用できないデメリットを除くと、コンパクトで軽量な点が「WX03」の最大のメリットです。

そして最大のメリットとして、クレードルに受信電波を強化する拡張アンテナが搭載されていることです。

他の端末には無い機能で、自宅での使用にはストレスなく使うことが可能。

クレードルは別売りになりますが、必ず購入しておきたい逸品です。

じょず
拡張アンテナが付いたクレードルはいいねw
奥さん
自宅でも使うなら「WX04」か「WX03」がいいかな~♪

※スマホは横にスライドできます →

  WX04 W04 WX03
外観
発売日 2017/11/1 2017/2/17 2016/12/2
通信速度 下り最大
440Mbps
下り最大
708Mbps
下り最大
440Mbps
au 4G
LTEエリア
×
連続通信時間
ハイパフォーマンスモード
約8時間10分 約6時間30分 約7時間20分
連続通信時間
ノーマルモード
約11時間30分 約9時間 約10時間
連続通信時間
エコモード
約13時間50分 約10時間30分 約12時間20分
サイズ(mm) 111 × 62 × 13.3 130 × 53 × 14.2 99 × 62 × 13.2
重量 128g 140g 110g
端末代金 無料 無料 無料
クレードル 別売り
(拡張アンテナ搭載)
別売り 別売り
(拡張アンテナ搭載)
製造元 NECプラットフォームズ HUAWEI NECプラットフォームズ
注意点 UQ mobile以外では
3年プラン専用モデル

総評

今現在のスマホで使用しているデータ定額料金と同等で、良い通信環境を手に入れることを考えると「月額最安値プラン」が支払額も変わらないのでオススメ。

しかし、今現在の支払額が少し増えてもキャッシュバックが業界最大の33,000円もあり、2年間のトータルで考えた場合かなり安くなるのは「 キャッシュバックプラン」と言えます。

どちらを選んでもキャリアの用意する20GBや30GBの定額プランを検討しているのなら、WiMAX2+にするほうが得です。

端末に関して、迷ったなら最新機種の「WX04」を選択すれば間違いないでしょう。

ただし、「WX04」を端末に選ぶ場合には3年契約が必須となるので、2年契約を選択することができません。

最新の機種を手に入れるために3年契約にするのかを、しっかりと考える必要があります。個人的に言えば、「WX04」はとても魅力的で後悔のない機種だと思います。

必ず「ギガ放題プラン」を選択する

WiMAX2+には「通常プラン」もあるので注意が必要です。通常プランの場合は7GBを超えると通信制限があります。

今回紹介したプランはすべて通信制限が基本的にない「ギガ放題プラン」で算出しています。容量を気にせず安心して使用することができます。

必ず「ギガ放題プラン」を選択するようにしましょう。

おすすめプランまとめ

最新モデル「WX04」を利用するためには、ギガ放題3年が絶対条件。3年プランでは月額最安値では「Broad WiMAX」、キャッシュバックなら「GMOとくとくBB」が一番お値打ちです。

ギガ放題2年では月額で考えると「So-net」がお得。最終的にキャッシュバックを含めて考えると「GMOとくとくBB」が最安値になります。

どれが良いか迷ったなら下の表にある、4つのプランから選べば間違いありません。最もお得になるプランを集めたので、ぜひ参考にしてください。

おすすめプラン4選 ポイント
月額最安値(ギガ放題3年)
Broad WiMAX
 最新モデル「WX04」対応プラン
キャッシュバック(ギガ放題3年)
GMOとくとくBB
月額最安値(ギガ放題2年)
So-net
毎月の料金が一番お値打ち 
キャッシュバック(ギガ放題2年)
GMOとくとくBB
 キャッシュバック33,000円
月額料金がトータルで一番安くなる

今年のボジョレーヌーボーは11月16日解禁!おすすめは特別な「ヴィラージュ」

毎年テレビや雑誌などで「解禁」に盛り上がるボジョレーヌーボーですが、解禁日は毎年11月の第3木曜日と決まっています。 2017年の解禁...

人気のクリスマスケーキはこれだ!早めに予約しないと売り切れ必至!

今年もあっという間にクリスマスがやってきます。 プレゼントやディナーの予約は済みましたか? シャンパンも用意したいところですが、クリ...

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪