亡くなった愛犬のメッセージ?!ちょっぴりスピリチュアルな体験を聞いてください

ペットを亡くして悲しんでいるひとに、ちょっとだけ聴いて欲しいスピリチュアルな話。

愛犬が16歳で亡くなり悲しんでいる時に起こった、不思議な体験を紹介したいと思います。

あまりスゴイ話でもありませんが、チョッピリだけ不思議な出来事でしたので、ゆるーく報告です。

愛犬と最後のお別れ「ペット霊園」を利用した話しをします
最愛の愛犬が逝きました。昨年にも最初に家族になった愛犬を亡くし、葬儀場に連れて行ったので今回も同じところにお世話になることにしました。愛犬家...

愛犬が亡くなってから何度か不思議な体験をする

スピリチュアルな話しと聞くと、愛犬が話しかけてきたとか、姿を現したとかを想像すると思いますが、そんなスゴイ現象ではありません。

では、何が起こったかと言うと、簡潔にいえば誰もいないはずの場所から「」が鳴ったという事です。

それも数日に渡りその音は鳴ったので、きっとその音の主は愛犬だったのではないかと思っています。

おいおい、そんな、たかが音が鳴っただけで「愛犬」が登場か?と思うのは当然かもしれません。しかし音の発信源は愛犬のごはんを保管していた、アルミ缶から何度も発せられたのです。

アルミ缶のフタを開閉する時に「カタン」と甲高い軽めの音がなります。

いつも愛犬のごはんの時間になると、ご飯入れであるアルミ缶からドックフードを取り出し与えていました。

愛犬はその姿を毎日のように見て、毎日のようにアルミ缶の「カタン、カタン」という音を聞き続けていました。

しかし、愛犬が亡くなってからはアルミ缶を開閉することは無くなり、「カタン」と音がなることは当然ですがその機会は終わりを告げました。

スポンサーリンク

夜中にアルミ缶のフタが開閉する「カタン」という音がなる

寝ている夜中のことです、アルミ缶のあるキッチンから「カタン、カタン」と音が鳴りました。誰もいないはずのキッチンからです。

強風が吹いているわけでも、振動があるわけでもありません。どう考えても人の手で動かさないと音はならないはず。

それなのに「カタン、カタン」と愛犬が生きていた時に鳴っていた音がするのです。

それもハッキリと大きな音が鳴り響きます。

そしてそれは愛犬が亡くなってから2日間続いて起こりました。夫婦ふたりとも同じ音を聴いています。それは眠っていた時の夢では無いことを物語っています。

アルミ缶の音は現実に起こっていたことと夫婦で再認識します。

それから49日が過ぎようとしていた時にまたしてもアルミ缶の「カタン、カタン」という音がなりました。

まるで「さようなら」を言いに来たように。

心霊現象のような音がなることに恐怖心がない

普通は夜中に動くはずのないアルミ缶から「カタン、カタン」と音が鳴れば怖くてしかたがありませんよね。

でもですよ、不思議と怖くないんです。ひょっとすると間違っているのかもしれませんが、私達夫婦が感じたのは「愛犬」であるのだろうと。

お腹がすいたのかな?存在を知らせたいのかな?さよならを言いたいのかな?

考えても理由は分かりません、しかし愛犬が居るという感覚だけがあるのです。霊感なんてこれっぽっちもありませんが、愛犬を感じるのです。

これって、やっぱり愛犬だと思いたい。

ただただ、それだけのこと。

答え合わせは「虹の橋」で

アルミ缶のフタを開閉する音、「カタン、カタン」と鳴ったのが愛犬のしわざなのか、確かめる方法は私が天国に旅立ったときに、再び愛犬と出会うことができる「虹の橋」での再会。

きっと虹の橋で愛犬と再会できると信じて、その時に聞いてみようと思う。

あの時、ごはん入れのアルミ缶の音を鳴らした?

ならしたワン♪

・・・そんな会話ができる日を楽しみにしています。

愛犬を失って苦しい時に「虹の橋」の物語を思い出したい
昨日ですが最愛の愛犬を亡くしました。最愛と言いながら、愛犬に対して最高に幸せであるように接することはできなかったです。散歩も忙しいとか余裕が...
スポンサーリンク

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

亡くなった愛犬のメッセージ?!ちょっぴりスピリチュアルな体験を聞いてください

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪