【年賀家族2019】年賀状作成サービス最高峰はコレ! 

「年賀家族」は早期申込がイチバンお得!割引クーポンは前回利用限定です

年賀状の作成シーズンになってきましたね。

そんな年賀状のことですが、当サイトがイチオシしている年賀状印刷サービス「年賀家族」についての記事が良く読まれます。

自分の体験をもとにした記事が読まれるのは非常に嬉しいのですが、検索してくるキーワードに「年賀家族クーポン」というワードが非常に多いです。

今回は「年賀家族」の割引きクーポンについて誤解が多いようなので、事実をお伝えしたいと思います。

参考記事

 

年賀家族の割引クーポンは前回利用のみ

毎年検索が多い「年賀家族」の割引きクーポンは、ひと言でいうと「リピーター会員様限定」となっています。

そのため前回利用の方にはクーポンコードが発行されますが、前回利用の経験がない人には利用ができないもの。

当サイトにも検索で「年賀家族クーポン」と入力して来られる方が非常に多く、何とかお得な施策を紹介したいと思いますが、正直にいって1日でも早く申し込む以外の方法は無いのが現状です。

 

年賀状印刷サービスは申込みが早いほど割引が多い

年賀状印刷サービスはいろいろな会社から出ているので、一概には言えませんがほぼ全てのサービスは早期に申し込む方が割引が多くなります。

印刷会社として、年賀状印刷のピークである12月中旬以降に集中されるよりも、早めの注文の方が恩恵があります。

しかし、殆どのひとは何故か年賀状を印刷する期限ギリギリの12月中旬から下旬に集中します。

企業としては注文が集中することは生産性が落ちるので、当然ですが注文を分散したいと考えます。

そのために1日でも早く注文することにより、割引を大きく取ることで注文の分散化を図るというわけです。

 

年賀家族の割引は驚きの70%OFF!

昨年のリピーター向け割引は基本料金から60%でしたが、なんと今年は70%と過去最大の割引といえます。

これは年賀家族さん、かなり太っ腹ですね、感心しちゃいます。

70%もの割引きがあるので、ネットでは割引クーポンを配っているところを探し、検索している方が多くいるようですね。

しかし、残念ながらリピーター向けの特別クーポンになるので、今まで「年賀家族」の利用がない方は、通常の割引率が適用されます。

この通常割引は年末に近づけば近づくほど割引率がさがるので、年賀状印刷は早めの決断をすることが一番特になります。

つまり、クーポンを探す時間はもったいないと言うことです。

 

▼素敵なサンプルのレポートはこちら▼

年賀状プリントは「年賀家族2018」がおしゃれ!デザイン・クオリティが最高な理由をサンプルで解説

 

現状の割引は40%

年賀家族の一般割引は、基本料金が50%割引からスタートしていました。

そして日にちが経過するごとに割引率が徐々にさがる形を取っています。

これは他の年賀状印刷サービスもほぼ同等の施策をとっており、やはり早めの申込が一番お得になります。

年賀家族に関しては本日12月6日現在で40%割引、しかし12月8日16時までとなっているので、その後はさらに割引率が下がります。

もし年賀家族に決めているなら、少しでも早めに申込みをしましょう。

いつまでも迷っているのが一番損です。

 

オススメはやっぱり「年賀家族」

 はっきり言って、年賀状印刷の最高峰は「年賀家族」です。

他にもいろいろな年賀状印刷サービスを提供する会社はありますが、クオリティで考えると年賀家族を上回るところは見たことがありません。

まあ、ひとつ難点を挙げるとすればその値段、クオリティは圧倒するのですが当然のこと質とお値段がマッチしています。

さすがに最高品質を保ちながら、他社より安く提供するのは無理なんですね、そりゃ当たり前ですね。

 

安さを求めるなら「年賀家族」は合わない

「年賀家族」さんがそう言っている訳ではありませんが

うちは、他のどこにも負けないデザイナー品質で勝負してますんで、安くしろって言うなら他を当たってください

って言っているようです。

いえね、本当に年賀家族さんが言っているんじゃないんですが、そのプロとしての気構えを代弁してみました。

間違っても、私が勝手に言っていることなので「年賀家族」さんへクレームを入れないようにお願いします。

 

年賀状印刷サービスの最高峰の「年賀家族」はこちら

  

年賀状印刷サービスで間違いなく最高峰である「年賀家族」は、絶対に後悔しない最高品質です。

年に1度の最大イベントであり、送った先で何年も大切に保管される年賀状。

この先、何十年も残ることを考えるなら、金額だけで年賀状サービスを選ぶのはナンセンスじゃないですか。

わたしは年賀状を金額で決めたくはありません。

まずは送った相手に喜ばれ、そして大切に保管される。あとは何年たってもこの時期に年賀状は見返されます。

わたしも数年前の知人から送られてきた年賀状は、この時期に押入れから取り出して見返しています。

年賀状は何年も残る「贈りもの」なんです。

ぜひ後悔のない年賀状選びをしてくださいね。

「年賀家族」公式サイト  icon-chevron-circle-right 

 

年賀状印刷サービスの比較はこちらからどうぞ

年賀状印刷サービス10社を比較しました。

どこが良いのか迷っている方はこちらを参考にどうぞ。

2019年の年賀状プリントはどこが良い?オススメ5社を徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です