【年賀状2019】コスパ・デザイン おすすめ5社を徹底比較

商品リンクの作成をするならRinker(リンカー)を絶対に導入するべき理由を解説

たくさんのブロガー達に使われている商品リンク作成の「カエレバ」ですが、さらに便利なプラグイン「Rinker(リンカー)」へ替えることにしました。

今回はカエレバを使っている方や、これから商品リンクの作成を便利に、そして使いやすくしたいと思っている方へ参考になればと思います。

まあ、結論から言ってしまうと「Rinker(リンカー)」は神プラグイン。

カエレバの良さを痛感している方は、更にその上をいくRinker(リンカー)を使うとビックリすることでしょう。

わたし自身も半信半疑ながら試しに無料版のRinker(リンカー)を使ってみたところ、、、なんと1分後には有料版である「Rinker Pro マルチライセンス版」を購入していました。

注意
2018年6月6日よりすべて無料でフル機能版となりました

そんな素晴らしいRinker(リンカー)について、良いところをレポートしていきますね。

じょず

Rinker(リンカー)はカエレバの弱点を補った神プラグインだよw

 

「カエレバ」の弱点を克服した「Rinker(リンカー)」

参考サイト カエレバ

商品リンクを作成する際に大変お世話になってきたのが、ブロガー御用達の「カエレバ」でした。

わたしのブログには「カエレバ」は無くてはならないほど、毎回のように使わさせて頂きました。

ちなみに「カエレバ」のリンクは下のものになります。

商品リンクジェネレーター「カエレバ」

今まで「カエレバ」が無料で使える最強の商品リンク作成ジェネレーターであったことに間違いありません。

Amazon・楽天・Yahooショッピング・7net・価格コム、5種類すべての商品リンクを同一に埋め込むことができるのは凄いのひと言です。

カエレバの作者は「わかったブログ」のかん吉さん。直接お礼を言いたいほど「カエレバ」はブログ運営には欠かせないアイテムでした。

参考カエレバ

しかし、カエレバの機能を超える、Rinker(リンカー)が登場したことにより状況は一変したと言えます。

じょず

「カエレバ」を使いこなせなかった初心者の人でも、Rinker(リンカー)なら簡単に使えるよ

 

Rinker(リンカー)を導入するメリット3点

カエレバの素晴らしさを認めながらも、Rinker(リンカー)の凄いところを3つ挙げます。

リリース直後は機能制限が無いのは有料版のみでしたが、現在はすべてを無償化したためRinkerに死角は無くなりました。

通常であれば有料で販売されるほどの高機能なプラグインが無償とは、作者のやよい@oyayoi19)さんに感謝しかありません。

ブログで商品を紹介するのであれば、黙ってRinker(リンカー)を使えと声を大にして言いたいですよ、マジでね。

本当にこれこそ神プラグインであると断言できます。

Rinker(リンカー)のメリット

  • 商品の販売価格が表示される
  • WordPressの投稿画面で直接挿入できる
  • 作成した商品リンクを一括管理できる

Rinker(リンカー)の凄い点はたくさんありますが、個人的に惹かれる点はこの3点であり、この違いが今までお世話になってきた「カエレバ」から乗換えを決意させた点です。

そしてRinker Pro版の購入に至ります。有料版の購入に迷った時間は1分(笑)

その最大の理由はYahooショッピングのリンク作成と、もしもアフィリエイトのリンクを使用をするにはPro版購入が不可欠のためでした。

注意
2018年6月6日よりすべて無料でフル機能版となりました
1分って迷ってないよね♪

奥さん

じょず

うん、迷ってないね(笑)

\ Rinker(リンカー)はこちら /
Rinker公式サイト(おやこそだて)icon-chevron-circle-right

 

【メリット1】商品の販売価格が表示される

まずは「Rinker(リンカー)」で作成した商品リンクを見て頂きたいのですが、商品の価格が表示されています。

これは凄く欲しかった機能で、読者にとって商品の金額表示は絶対的な信頼感を与え、リンク先の不安軽減に繋がります。

多くの読者の信頼を得たいブロガーにとって、この金額表示は無くてはならないと個人的に思います。

Rinker(リンカー)で作成の商品リンク

じょず

金額の表示があるとなんだか安心感があるね
信頼できるサイトに感じるよね♪

奥さん

 

【メリット2】WordPressの投稿画面で直接挿入できる

今までの「カエレバ」の最大の弱点は、別ブラウザで商品検索をした際に作成される呪文のように長いコードをWordPressに貼り付ける必要がありました。

これが地味に面倒くさい、初心者はこれだけで躊躇するかもしれませんね。

商品リンクを張り替える時もテキストモードから行う必要があり(ビジュアルモードでは部分的に残ってしまう)かなり時間が取られます。

正直、商品リンクの張り替えは地獄のような作業になりました。

カエレバのコード

しかしRinker(リンカー)はショートコードになっているため、とても簡素化が可能で商品リンクの張替えも楽です。

なんて言っても1行しかコードがありませんからね。

Rinkerのショートコード

じょず

Rinkerはショートコードだから作成や張替えが楽だねw

 

 

Rinkerの商品リンク作成手順

Rinker(リンカー)での商品リンク作成は至って簡単。

つぎの手順であっという間に完成、こいつはむちゃくちゃ楽ですね。

  • STEP.1
    「商品リンク追加」をクリック
  • STEP.2
    検索する商品を入力・「検索」をクリック
  • STEP.3
    表示された商品から選び「商品リンクを追加」をクリック
  • STEP.4
    ビジュアルモードにショートコードが挿入される
  • STEP.5
    プレビューで確認・商品リンク完成

じょず

あっという間に商品リンクが完成するよw

 

【メリット3】作成した商品リンクを一括管理できる

このプラグインの究極にスゴいところは、管理画面上で今まで作成した商品リンクを一括管理できる点です。

ショートコードをコピーすることは当然ですが、利用した記事のIDが表示されるため、簡単に商品リンクの修正が可能になります。

今までのようにどの記事に商品リンクを貼り付けたのか忘れることもなく、古いリンクを修正するのに役に立つこと間違いありません。

管理画面に表示されている利用記事のIDをクリックするだけで、該当する記事の編集画面へジャンプするのもスゴいですね、ホント商品リンクの編集が捗ります。

これは想像以上にかゆいところに手が届くプラグインと言えます。

じょず

商品リンクの管理がこれほど楽になるとは凄いね

 

Rinker(リンカー)を使うなら「Yahooショッピング」のリンクも作成するべき

Rinker(リンカー)はAmazon・楽天・Yahooショッピングの商品リンクに対応しています。

カエレバの時もそうでしたが、Amazonと楽天の商品リンクだけを貼るのは非常にもったいない。

なぜなら、私のサイトではAmazon・楽天・Yahooショッピングからの売上を比較すると、Yahooショッピングの占める割合は10%~20%ほどになります。

そして驚くことに、今月だけの数値にはなりますが現段階でYahooショッピングの割合は30%を超えています。

この結果を見れば分かるようにYahooショッピングの商品リンクを作成しないのは、機会損失が大きすぎます。

だまされたと思って、Amazon・楽天・Yahooショッピングの3種類のリンクは必ず作成しましょう。

じょず

Yahooショッピングの商品リンクは絶対に設置しましょう、スゴいクリック数ですよw
Yahooは5の付く日にポイント5倍だからね♪

奥さん

 

Rinker(リンカー)について詳しくはこちら

プログラマーのやよい@oyayoi19)さんが運営するサイト「おやこそだて」にてRinker(リンカー)の紹介をしています。

Amazonや楽天、Yahooショッピングの商品を紹介するなら一度は見に行きましょう。

絶対に欲しくなりますから(断言)詳しくは下記リンクからどうぞ。

じょず

Rinker(リンカー)は導入して絶対に損はないよ

\ Rinker(リンカー)はこちら /
Rinker公式サイト「おやこそだて」 

 

Rinkerについてはこちらの記事が参考になります(外部リンク)

じょず

Rinkerについてとても分かりやすい記事だよ、参考にどうぞw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です