ブログ名とWordPressテーマを変更しました

いま話題のCM「トレンディの法則」の完成度が高すぎてドラマの予告編みたいだ

いま話題の「トレンディの法則」というCMはもう見ましたか?

懐かしいトレンディドラマのあるあるを再現した、ドラマ仕立てなCMはトレンディドラマ世代には堪らないものがあります。

若い世代にとっても、こんな時代があったのかと驚きの気持ちで楽しむことが出来るCMに仕上がっています。

 映像出典  キリンビバレッジ プラズマ乳酸菌 iMUSE「トレンディの法則」

 

トレンディドラマとは

1980年台後半から1990年初頭にかけて作られた、バブル景気を背景に男女の恋愛事情を描いたドラマ。

その独特なバブリーな世界観から「トレンディドラマ」と呼ばれるようになる。ちなみにトレンディドラマと言っても海外では通じません。

完全なる造語、和製英語なので外国人に聞いてはいけません。

 

トレンディドラマ時代を忠実に再現

もう懐かしくて仕方がありません。

バブル期のトレンディドラマの王道がすべて盛り込まれたCM、2分という短い時間に凝縮して当時を再現するのは堪りません。

1986年に明石家さんまを主役に、大竹しのぶと豪華キャスト7人で構成された「男女7人夏物語」は最高視聴率31%を超える大ヒット、社会現象を起こしました。

その後はトレンディドラマが大ブームとなり、最終的には「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」まで続きます。

 

トレンディドラマの代表曲「石井明美 CHA-CHA-CHA」

特に印象深い曲として、「男女7人夏物語」で主題歌となった石井明美の「CHA-CHA-CHAは大ヒットとなり、トレンディドラマの代名詞となる。

今回のCMはまさに「男女7人夏物語」のあるあるを再現、楽曲まで「CHA-CHA-CHA」を使う忠実度は、単にCMの枠を飛び越えたエンターテイメントと言えます。

 

トレンディドラマに不可欠なあるある

なぜかトレンディドラマには法則がありました。

必ずといって初めて会った時の印象が最悪だったなんていうのは、王道中の王道。

物語中は常にハプニングだらけ、この人達はどんだけ落ち着きがないんだと、今なら「ADHD(注意欠陥/多動性障害)」ですね、といってやりたい気持ちになります。

ADHDあるある
不注意、多動性、衝動性という3つの症状からなり、代表的に下記のような特徴があります

  • 貧乏ゆすりなど、目的のない動き
  • 落ち着かない感じ
  • 思ったことをすぐに口にしてしまう
  • 衝動買いをしてしまう
  • 仕事などでケアレスミスをする
  • 忘れ物、なくし物が多い
  • 時間管理が苦手
  • 仕事や作業を順序だてて行うことが苦手

今回のCMは「トレンディドラマ」の王道を随所に散りばめた、バブル時代のドラマを忠実に再現しています。

バブルを知る世代には堪らない最高のCM、そして知らない世代でも十分に楽しめる作品に仕上がっています。

 

トレンディ度65%「あー!あんた今朝の!? お決まりの奇跡的再会」

本当にお決まりです、出会いは最悪からスタートする王道なオープニング展開。

険悪ムードから恋愛に発展するのが、トレンディ。

 

トレンディ度75%「7人そろえば This is トレンディ」

男女はたくさんの人数を要します。

そして男女間は複雑に絡み合う、王道は7人。

複雑な恋愛模様が、トレンディ。

 

トレンディ度55%「いつも誰かがキレて帰る 自由すぎる現地解散」

みんなで盛り上がっていても、必ずキレてその場をとび出すヤツがいます。

協調性のかけらもない自由な展開は、トレンディドラマの王道です。

キレた相手を追うのが、トレンディ。

 

トレンディ度85%「10mの距離で愛を叫ぶ」

なんでか知りませんが、距離をとって愛を確かめ合います。

近づいてはダメと暗黙のルールがあるようです。

叫ぶ!これがトレンディ。

 

トレンディ度60%「遭遇率100% 間の悪さの天才」

そんなにタイミング遭遇するワケないだろと、ツッコミたくなる。

何でそこで遭遇するんだよって思う、とんでもないタイミングで出会ってしまいます。

言い逃れ出来ないタイミングで三者ご対面するのが、トレンディ。

 

トレンディ度70%「雨と、涙と、電話ボックス 哀しみ3点セット」

時代ですね、携帯電話が出始めましたが、一般にはまだ普及していない時代。

スマートフォンなんて当然ありません。日本で初めてiPhone3Gが発売されたのは2007年のこと、通信手段は公衆電話がメインのおおらかな時代でした。

電話ボックスが絵になるのが、トレンディ。

 

トレンディ度90%「濡れることに意味がある 愛の土砂降りランナー」

何でだろうなー、必ず盛り上がりは雨の中で走ります。

公共交通機関やタクシーを使ってスマートに行くのは禁止。

ビショ濡れで、走って走って走りまくる、そうそれがトレンディ。

 

トレンディ度100%「人力メリーゴーラウンド」

最後は回します。

意味が分からないけど、ハッピーの度合いを表す指標として最上級が、人力メリーゴーラウンド。

この技が出たら、ドラマの最高潮です。

日常で見たことなんて一度もない人をぶん回す行為、それこそが最上級のトレンディ。

 

そして最後に肝心のCM

今から約30年前 毎日が輝いていた

あの頃もこれからも、もっともっと輝くために

輝く毎日をサポートする

iMUSE

キリンさん素敵なCMをありがとう。

このCMに出てくる「iMUSE」を見かけたら購入するようにしますね。

あの頃の青春を思い出させてくれて、感無量です。

 

バブル世代も、知らない世代も楽しめるCMをどうぞ

さてさて、少し解説を入れましたが、ここからは2分間の素敵なCMを御覧ください。

もし気に入ったなら、ぜひキリンさんの商品「iMUSE」を購入しましょうね。

 

「トレンディの法則」CMはこちらから▼

 

「iMUSE」の商品はこちらからどうぞ

 

キリン「iMUSE」公式サイト▼

参考

キリン「iMUSE」

 

話題のCMはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です