新メニューはダメ?寿がきやの「クリームぜんざい」は王道のおいしさ

名古屋発祥、愛知県民のソウルフードといえば「寿がきや」のラーメンが思い浮かびます。

わたしも子供の頃から「寿がきや」のラーメンとソフトクリームで育ったといっても過言ではありません。

そんな寿がきやで定番のデザートといえば、「クリームぜんざい」を置いて他にはないでしょう。

IMG_4598

スポンサーリンク

クリームぜんざい

もうこれは愛知県民には説明不要といえます。

その名の通りぜんざいの上にソフトクリームが乗っている、いたってシンプルなデザート。

寿がきやのラーメンを食べた後に「クリームぜんざい」は必ずと言ってもよいほど食べたくなる、王道デザートです。

そして、愛知県民は親しみをこめて「クリぜん」と呼びます。

奥さん
やっぱり、クリぜんだね♪
じょず
むしょうに食べたくなるね
息子
おれ、氷のほうがいい
じょず
おこちゃまだな…
奥さん
だね♪

IMG_4172

思ったより甘すぎない

「クリぜん」は見た目は、ものすごい甘そうに感じます。

しかしその想像は期待を裏切られます、ほどよい甘さが絶妙で一皿ペロッと食べてしまう。

その中毒性はハンパなく、寿がきやをみるとパブロフの犬状態で「クリぜん」を食べたくなるのです。

じょず
パブロフの犬って「条件反射」のことね…
息子
勉強になるわ
奥さん
ど~でもええわ♪

パブロフの犬

条件反射(じょうけんはんしゃ)とは、動物において、訓練や経験によって後天的に獲得される反射行動のこと。ソビエト連邦の生理学者イワン・パブロフによって発見され、パブロフの犬の実験で有名になった。

出典ウィキペディア

クリームぜんざいに新メニュー

長く寿がきやフリークに愛されてきた「クリぜん」に季節限定の新メニューがでました。

わらびもちクリぜん

なんとクリームぜんざいに「きなこ」と「わらびもち」をトッピング、超豪華なデザートの出来上がりとなりました。

これは寿がきやフリークとして見逃すわけにはいきません。

さっそく食べてみることに。

IMG_4551

感想

かなり濃厚、甘さのオンパレード。

普通のクリームぜんざいは甘さが程よくバランスが良いのですが、この「わらびもちクリぜん」は飛びぬけています。

これでもかっ!というほど甘さを追及した感じ、どこから食べても甘さが凄い。

甘いもの好きのツワモノには良いけど、私には甘すぎ。

どうやら、奥さんも普通のクリームぜんざいが良いみたいですね。

じょず
あ、あまいね…
奥さん
かなり甘いね♪
じょず
普通のクリぜんがいいかな…
奥さん
そだね♪
息子
おれ、氷

結論

やはり定番メニューには訳があります。

長く愛される、絶妙な甘さのバランスは、ちょっやそっとでは越えられないのですね。

改めて「クリームぜんざい」の完成度の高さが伺えます。

つぎは浮気せずに「クリームぜんざい」を頂くとしますね。

寿がきやのラーメンを自宅で食べるなら「生麺」が最高です

息子
おれ、寿がきやのラーメン一番好き
じょず
ソウルフードだね…
奥さん
ほやの♪