【年賀家族2019】年賀状作成サービス最高峰はコレ! 

ローソンのスイーツ「安納芋と黒胡麻のタルト」がじつに旨い

最近のローゾンは凄い。

なにが凄いかって、スイーツが絶品である。

セブンイレブンのスイーツが美味しいと思っていたけど、最近はパワーがない。

担当変わった?と思うほど、惹かれないスイーツを連発しているのは、セブン好きとしてはショックを隠しきれません。

しかし、そんなセブンのパワーを上回る魅力のスイーツを送り出しているのが、ローソンなんです。

最近はローソンのスイーツがヤバイと自分の中でマイブームとなっています。

 

安納芋と黒胡麻のタルト(カスタードクリーム入り)が凄い

こいつはマジで旨い。

セブンイレブンでも芋系のスイーツがたくさん出ていたけど、パワー不足。

そこそこ美味しいというレベルを脱してはいない。

保守的というか、冒険心のないスイーツたちに、心がトキメキません。

そんな時には、ふらっとローソンに行くと何かが発見できることがあります。

今回みつけた超絶オススメはこれ、

安納芋と黒胡麻のタルト(カスタードクリーム入り)

 

黒胡麻を練り込んだタルト生地が最高

これはやられましたよ、黒胡麻のタルト生地に安納芋のペーストとは恐れ入りました。

味が美味しいのは当然ですが、この見た目にはやられます。

スイーツって目で楽しむことも必要です、って言うか目でも楽しめなくてはいけません。

黒胡麻と安納芋という不思議な組み合わせが、とても惹かれる見た目と味の調和を生み出しています。

そしてカスタードも少し加えて、更なる深い味わいに。

これは最高、最高すぎる旨さで、笑顔がこぼれ落ちます。うん、ホントに美味しいなこのスイーツ。

 

ちなみに「安納芋」とは

その甘さとしっとりとした食感が人気の安納芋ですが、発祥は種子島島内で作られていた、美味しいサツマイモを集め、個体選抜を行い品種登録したのが現在の「安納芋」の始まりです。

現在「安納芋」の品種は2種類あり、「安納紅」と「安納こがね」があります。

どちらも驚くほどの甘さと、従来のサツマイモにあったパサつきのない、しっとりとした食感が人気で、焼きいもと言えば「安納芋」と言われるほど絶大な人気があります。

糖度に関しても安納芋は焼きいもにすると、40度になるものもあります。フルーツで比較すると、メロンでも糖度14度ほど、ぶどうで17度。

いかに安納芋の糖度が高いか分かるのではないでしょうか。

 

おいしそうな「安納芋」はこちらを参考に

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

楽天市場 icon-chevron-circle-right 

 

まとめ

いろいろなスイーツが発売されているので、何を買おうか迷っているなら、まずはローソンへ。

なんだか美味しいスイーツが揃っていますよ。

セブンフリークも多いと思いますが、たまにはローソンのスイーツを味わうのも良いかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です