副業を考えた結果「クラウドソーシング」でライターをやってみた

なにか副業ができないかを考えた。

時間に縛られない、出勤が自由、働く日数も適当に決めることができる、そして何より資格やスキルが必要なくて稼ぐことができるもの。

そんな条件で考えた結果、ライターをやってみました。

やってみたと言っても、いままでライター経験なんて、これっぽっちもありません。

まったくの素人が、どのように稼ぐことができるのかをチャレンジしてみました。

スポンサーリンク

文章を書いて報酬をもらう「ライター」

とにかく副業がやりたい、いまの仕事にプラスして出来ることを考えてみるが、ガッツリとアルバイトなんてできません。

そんな、働きに出ることが難しいという条件と、近い将来?!の老後にもできる副業を探してみました。

その結果、チャレンジできそうな仕事が「ライター」というものでした。

文章を書くのは得意ではないけど大丈夫か?

正直なところ、このブログを運営していますが、文章を書くことは得意ではありません。

パソコンで文字入力をするのも、ブラインドタッチ(タッチタイピング)のようなキーボードを見ずにカタカタと入力に関しては、ほぼできません。

なんとなく、ある程度のレベルでブラインドタッチもどきを頑張っていますが、完全にはできません。

練習はしていますが、劇的には上手にならないのは年齢のせいもあるのでしょうね。でも諦めませんが。

このブログの更新にも怖ろしく時間が掛かっている

ブラインドタッチもできないので、ブログの更新にも支障があります。

書きたいことが、スラスラと入力できないまどろっこしさ。たまにキーボードを投げ捨てたくなるのは家族には内緒の話しです。

自分の入力スピードの遅さに、軽く自己嫌悪になる、自称ブロガー。

ちょっとした記事でも完成までに、半日近くかかるという生産性の悪さです。会社員として仕事でブログを書いているのなら、とっくにクビになるレベルです。

そんな私が、何を思って「ライター」とは片腹痛いとはこのことかもしれませんね。

タイピングも満足にできないヤツがチャレンジするから記事になる

満足にブラインドタッチもできない、どうしようもないオジサンが、ライターにチャレンジをするからネタになります。

いま副業がブームというか、副業を認める企業が増えてきています。

企業が賃金をたくさん支払うことができないのが現実で、自己責任で補填してくださいというスタンスに国全体が向かっています。

将来の年金へ対しての不安感もハンパない。年金に関して受給できる年齢はこの先もどんどん先送りになるでしょう。

そんな不安感から、多くの人が副業できないかを心の中では考えていると思います。

しかし、具体的に自分の状況で、何ができるのかと考えると、思考が停止してしまいます。

ライターなら、経験が無くてもできる

ライターに資格は必要ありません。

スキルもあれば良いですが、最初はチャレンジするかしないかだけの違いです。

チャレンジしない人は「資格なし」、そしてチャレンジする人すべてが「資格あり」なんですよ。

簡単なことですね、でも多くの人はチャレンジしません。

ライターで稼いでいる人のブログなんて読んでも、「自分とは違う、すごい人だから、、、」となってしまい、現実味がありません。

どこか遠くの世界の出来事のような気がするので、余計にハードルが高くなるんですよね。

だからこそ、そんな人に向けて「ライター」にチャレンジした、一歩目を記事にしました。

私もまったくの素人、初体験です。

スポンサーリンク

ライターで稼ぐには登録が必要

まずは何から行えば良いのか分かりませんよね。

待っていても「ライター」をやってくれませんか?なんて声がかかることは絶対にありませんから。

その為にはまず踏み出さないといけないことは、ライターに登録することです。

「クラウドソーシング」でライターに登録する

ライターとして登録できる「クラウドソーシング」のサービスは何十という会社があります。

比較すれば、より自分好みのサービスがあると思いますが、そんなことは経験を積んでから考えれば良いと思います。

それよりも、まずは登録すること、仕事の案件が多いことが最重要になります。

いくらサービス内容や待遇が良さそうでも、仕事の案件が少ないところでは、自分のやりたい内容に出会うことが難しくなります。

やはり、たくさんの仕事を抱えている「クラウドソーシング」を利用するべきです。

「クラウドソーシング」とは

従来、アウトソーシングという形で企業などが、外部に専門性の高い業務を外注するというトレンドがあった。しかし、昨今では、インターネットの普及により社外の「不特定多数」の人にそのような業務を外注するというケースが増えている。それらを総称し、クラウドソーシングと呼ばれている。知的生産力やコンテンツなどを、多数の人々から調達・集約し、事業成果を得ることを目的にしている。

出典 ウィキペディア

大手のクラウドソーシングサービス

まずは大手のクラウドソーシングにて登録することが、オススメです。

やはり、大手ではないとやってみたい仕事がなかなか見つかりません。その点を考えるとオススメの会社は2つあります。

ランサーズ

クラウドワークス

この2つは日本でも最大級のクラウドソーシングで、仕事の案件も多く。チャレンジしてみたい案件を見つけることができます。

どちらが良いかと聞かれると、、、気分でどうぞと答えます。

実際に「クラウドワークス」でライターの仕事をしてみる

今回選んだのは「クラウドワークス 」です。

選んだ理由?それはなんとなく、カッコイイからという意味のない選択基準。

本当に選んだ意味はありません。

まずは登録

とりあえず登録しないと仕事ができません。

登録内容は、簡単な個人情報だけです。難しい内容を聞かれることはありません。

登録が完了すれば、好きな仕事に応募できます。

ライターとして仕事の種類は2種類

いざライターとして活躍するぞ!って意気込んでも、どうやって仕事をもらうのかが分かりません。

まずは仕事の内容は2種類あるので、そこだけは注意が必要です。

プロジェクト

プロジェクトは基本的に10記事など、複数の記事納品を依頼主と契約します。

そのため、まずはテストライティングがあり、選考の段階で選ばれない場合もあります。まずはテストとなる文章を書いて送り、採用の可否を待ちます。

選ばれた際は、正式に契約となります。まあ契約と言うと敷居が高そうですが、基本的にはクラウドソーシングの会社が仲介することになるので心配は必要ありません。

依頼主に認められれば継続した仕事がもらえます。

比較的、仕事に対する単価が高くオススメですが、未経験の方には少し戸惑うことがあると思います。

ます初めての方は、「タスク」からスタートしましょう。

ちなみに「プロジェクト」でも2種類あり、「プロ向け」の高度な仕事から

「経験不問」の初心者向けの仕事内容もあります。

タスク

タスクとは、契約を結ぶことなく、1記事単位ごとに募集が行われています。

タスクはテストで記事を納品する必要はなく、募集している内容の記事を勝手に作業して納品することで完了です。

自分の興味があることや、経験したことなら簡単に書くことが可能です。

中には簡単なアンケートなんかもあるので、肩慣らしにはもってこいです。

しかし、当然のことですが仕事が比較的かんたんなことから、仕事の単価が安く、1記事100円以下のものが多く、大きく稼ぐには不向きかもしれません。

ただ経験を積むには、気持ちも楽でちょうどよいかもしれません。

今回私のチャレンジしたのも「タスク」です。プロジェクトは初心者としてはビビリますよね。

初めてのチャレンジは報酬300円

300円が高いのか安いのかと考えれば、安い。

とてつもなく安いと言えます。

それも、この案件は最低2000文字の記事が条件で、300円とは少し安すぎかと。

しかし、タスクの場合は初心者が多いせいか、単価の安い依頼が多くあるようで

困惑します。

早く、初心者の枠をでて、プロジェクトの仕事に進まねば稼ぐことができない。

頑張ってこなすぞ。

仕事の内容は前職の内容について

得意ジャンルです。

これなら、調べることもなくタイピングするのみ。

とは言っても、2000文字が完成したのは1時間かかりました。得意なんだから30分くらいでできるかと思っていたのですが、さすがに甘くはありませんね。

時給300円ということかと。

手数料は20%も取られる

オイオイ、300円から20%も手数料をクラウドワークスが持って行きます。

その結果、手元に残るのは240円なり、、チャリ~ンと小銭が落ちる音が聞こえてくるようです。

今回の時給は240円、自分でいうのもなんだけど、今回の記事を依頼主は300円でゲットしたのはラッキーだと思いますよ。

自分のブログの記事にしたいくらいの出来栄えです。

1時間1000文字くらいが限度かも

ブログを書いているので、まったくの初心者と比べて記事作成のスピードはちょっぴり早いのかもしれませんが、1時間で書くことができる文字数は1000文字くらいかなと。

調べることのない、よく知っている内容であれば1時間に2000文字くらいはいけるけど、ブラインドタッチもできない身としては、これくらいが限界。

これから、老後の仕事としてライターをチャレンジして行くのはスキルとしてアリかと思います。

その為には、安いと嘆いていないでチャレンジしていきます。

ライターには可能性がある

定年した老人が、ライターをして収入があるなんてカッコよくありませんか、将来の可能性のためにライターにチャレンジするのは素晴らしいことだと感じます。

安いしメンドウだし、、、なんて思わずにチャレンジしてみては如何ですか?

特に小さなお子さんがいる女性にとって、自宅で努力次第で収入を得ることができるなんて、それこそ可能性が広がりますね。

実際にライターで月に20~30万円を稼いでいる主婦の方もいます。

要はやるか、やらないかだけの違いしか無いんですよね。

可能性は1歩を踏み出した人にしかやってこないのは、世のなかの真理かと。

まとめ

将来に対しての不安、そして何かをチャレンジしたいと思う気持ち。

現状からの打破など、いろいろと悩みは尽きません。

そんな状況から脱出するには、ライターの仕事はもってこいかもしれません。

誰もが、資格やスキルを有するわけではありません。そして時間も無限ではありません。

働ける環境も、ごく限られていることでしょう。そんな中でチャレンジできるのはライターなどの「クラウドソーシング」しかありません。

未経験だからこそ、やってみたらいかがですか?意外と才能に目覚めるかもしれませんよ♪

まずは、あなたも「クラウドワークス」で300円超えを目指しましょう!

年賀状プリントは「年賀家族2018」がおしゃれ!

今年も年賀状を考える時期になってしまいました。 毎年恒例の行事と言えますが、年賀状作成はいろいろと考えてしまいます。いったいどんなデザ...

人気のクリスマスケーキはこれだ!早めに予約しないと売り切れ必至!

今年もあっという間にクリスマスがやってきます。 プレゼントやディナーの予約は済みましたか? シャンパンも用意したいところですが、クリ...

「カニ通販」は何がいいの?ズワイ・タラバ・毛ガニの特徴を解説!

カニは好きですか?日本では高級食材とされ、冬やおめでたい時等、様々なシーズン、イベントに料理として食べられているのが、カニ。しかし、カニは知...
スポンサーリンク

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪