IKEA長久手の「イケアレストラン」は買い物で疲れたらついでに寄りたい癒やしの場所

IKEAと言えば「イケアレストラン

IKEA長久手がオープンして、いろいろなモノを見て回ることが楽しくて堪りませんが、IKEAにはもうひとつの楽しみであるレストランがあります。

今回はそんな食の楽しみである、イケアレストランについてレポートしていきます。

参考 IKEA長久手「イケアレストラン」

スポンサーリンク

イケアレストランの入り口でカートとトレイを用意

トレイだけでも問題はありませんが、カートを用意したほうが絶対に便利です。

しっかりと料理を物色して、いろいろとトレイに載せるとすぐにイッパイになります。

1台のカートにはトレイが3つまで載せることができるので、必ず多めに用意しましょう。

カートに載せたトレイはすぐにいっぱいになる

まあ、これは家族3人分ありますが、料理を選ぶときや移動の際にはとても便利です。

必ず使うようにすると良いですよ。ホント楽ちん。

まずは「サーモンマリネ」がお出迎え

まずは入り口すぐの場所には、ペットボトルのドリンクやノンアルコールビール、そしてビールも選ぶことができます。

そして美味しそうな「サーモンマリネ」も一番でお出迎えしてくれます。

当然ですが、サーモンマリネをトレイに取ります。

このサーモンマリネは女性が好きなんじゃないかな。しかし、わが家で食べていたのは私だけでしたが、、、。

うん、普通においしいですよ。

パンプキンサラダは女性にオススメ

この「パンプキンサラダ」は女性に人気の一品。

わが家の奥さまは、このパンプキンサラダを「おいしい♪おいしい」と言って食べていました。

女性はパンプキンが本当に好きですね、オジサンのわたくしには良く分かりません、、、。

すぐにケーキコーナーがやってきます

イケアでケーキは何度か食べましたが、正直な感想は「あまーーーい!」ということです。

日本のスイーツ文化との違いを、すごく感じます。

マジで甘さがスゴイので、覚悟して食べる必要があります。

わたくしは今回パスしました。個人的には大味すぎて好みではありません。

まあ、ケーキを食べるならブラックコーヒーと共に食べることをオススメしますね。

やっぱり主役は「スウェーデン・ミートボール」

イケアレストランに来たなら「スウェーデン・ミートボール」を食べないわけにはいきません。

予想外にジャムをつけて食べると美味しい。ジャムがこんなにミートボールに合うなんて思いもしていませんでした。

ウソのような本当においしい食べ方、ぜひお試しあれ。

ソーセージと手羽先は子どもが大喜び

ソーセージや手羽先は子どもや男性には人気。

なんと言っても食べごたえ十分。女性がよろこぶメニューが多い中で、こういったガツンと食べごたえがあるメニューは大歓迎ですね。

なかなかジューシーで美味しかったですよ。

シナモンロールやワッフルが並ぶ

イケアの大定番の「シナモンロール」があります。

これも地味に美味しいのでオススメ。

ほかのもワッフルやパンがあるので、好みに応じてどうぞ。

コーンスープは安定の美味しさ

コーンスープも当然ながらセルフサービスで。

イケアレストランは日本を感じさせない料理が多い中、コーンスープの安定感はハンパないです。

飲んでホッとするコーンスープは是非とも飲んでいただきたい、大定番の一品。

うまいですよ、ホント。

レジ前でドリンクバーの紙コップを取る

レジの直前にドリンクバーの紙コップが用意してあります。

ドリンクバーはいろいろと自由に飲むことができるので、必ず用意した方が良いでしょう。

通常価格は120円ですが、イケアのメンバーになれば半額の60円。

もしメンバーになっていないなら必ずなりましょう。いろいろなものが割引になりますよ。

レジを出てすぐにスプーンやフォークがあります

レジで会計を済ますと、その横にスプーンなどの置き場があります。

必要なものはセルフサービスなので、自分で用意しましょう。

水を飲むにもドリンクバーが必要

ドリンクバーはコーヒーだけではなく、当然ソフトドリンクも飲み放題です。

ひとつ注意が必要なことは、水を飲むにもドリンクバーが必要なことです。

こんなところが日本の飲食店とは違うと実感しますね。

さっそく食事を楽しみます

料理をいっぱい載せたカートを押して、席につきます。

雰囲気は日本のフードコートと変わりません。

同じように混雑して、同じようにトレイで運びます。ただ違うのがカートを使うという選択肢があること、そしてドリンクバーの存在。

家族で楽しいひととき

ちょっとした異国感がステキ。

非日常の海外で味わう大衆感というのか、なんだか旅行気分と近い感覚があります。

たまには、こんな雰囲気で食事もいいですね。

とっても満足。

食器の片付けはコンベアーへ

食器を片付ける置き場を探してしまいましたよ。

いくら探しても、日本のフードコートによくある「返却口」らしきものが見つかりません。

しかし、よく見ると壁際のベルトコンベアーが動いているじゃありませんか。コンベアの上にトレイを載せると自動的にすべてが返却されます。

コレは初めてきたら迷うんじゃないかと。日本じゃないですよね、こんな方式は。

スポンサーリンク

まとめ

イケアレストランがとても満足いく上質な味わいかと聞かれると、ちょっと違うかなと答えます。

あくまで大衆的なフードコートのスウェーデン版と考える必要があります。

どちらかと言うと、モーニングやランチで味わうのが正解なのかな、本格的な食事をイメージしていくと、少しがっかりするかもしれませんね。

メニューが少ないのもマイナス要素かと。

イケアの広い店内をまわって疲れたので、少しなにかを食べたい感じ。そんな感覚で行くのがちょうど良い利用方法だと思います。

IKEAの関連記事

年賀状プリントは「年賀家族2018」がおしゃれ!

今年も年賀状を考える時期になってしまいました。 毎年恒例の行事と言えますが、年賀状作成はいろいろと考えてしまいます。いったいどんなデザ...

人気のクリスマスケーキはこれだ!早めに予約しないと売り切れ必至!

今年もあっという間にクリスマスがやってきます。 プレゼントやディナーの予約は済みましたか? シャンパンも用意したいところですが、クリ...

「カニ通販」は何がいいの?ズワイ・タラバ・毛ガニの特徴を解説!

カニは好きですか?日本では高級食材とされ、冬やおめでたい時等、様々なシーズン、イベントに料理として食べられているのが、カニ。しかし、カニは知...
スポンサーリンク

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪