子どもに飲ませて安心な炭酸飲料「ほっとレモン炭酸水割り」が想像以上においしい

炭酸水にハマっています。

そんな中で、炭酸水に入れるとおいしそうなものを常に物色しているのですが、本日おいしそうなモノを発見しました。

その名は「ほっとレモン」です。

ホットと聞くと炭酸水には合わないような気がしますが、実は冷たくしても美味しく飲むことができるのです。

そんなことで、さっそく購入して試してみました。

スポンサーリンク

スーパーで「ほっとレモン」が目にとまる

息子と2人で近所のスーパーで買い物をしていると、なにやら目立つようにほっとレモン」の希釈用が置いてあるじゃありませんか。

寒い時期には温かい「ほっとレモン」は定番中の定番といえます。

あのレモンの酸っぱさに、はちみつの甘さが良く調和した美味しさは、冬の寒い時の安らぎとなりますね。

そんなカラダを温める定番の「ほっとレモン」ですが、表示されているポップには

冷たいタンサン割りを楽しもう!!

なんてココロ踊るフレーズが、、思わず買い物カゴに入れていたのは言うまでもありません。

試供品の「ウイルキンソン」が付いている

なんと、今回の「ほっとレモン」の希釈用には、お試しのウイルキンソンが付いてきました。

ウイルキンソンと言えば、強炭酸で最高においしく、個人的には炭酸水NO.1だと思っています。

そんなウイルキンソンを使って、ほっとレモン炭酸水割りを作ることに。

これはとてつもなく美味しそうな予感しかしません。

っていうか絶対に美味しいでしょうね。

「ほっとレモン」炭酸水割りのオススメは1:4

「ほっとレモン」1に対して炭酸水が4の割合がオススメのようです。

今回はその言葉通りに1:4で炭酸水割りを作ることに。

まずは「ほっとレモン」の原液を注ぎます

さすが希釈用だけあって、かなりトロリと濃さを感じます。

カルピスの希釈用と同じような感じですね。

関連記事

続いて炭酸水を入れると完成

最近は炭酸水をソーダーストリームで作っています。

おうち炭酸水というやつですね。

そんなことで大好きだった強炭酸水の「ウイルキンソン」を購入することは無くなったので、久しぶりのウイルキンソンです。

試供品ありがとう!

完成した「ほっとレモン炭酸水割り」

う~ん、とても美味しそう。

炭酸水が大好きで毎日1リットル以上を飲んでいますが、基本的には何も混ぜたりはしていません。

しかし、たまには今回の様な「ほっとレモン」や「カルピス」などと合わせて飲んでも良いですね。

なんだか、その甘味にホッと一息つけるのは、プレーンな炭酸水と少し違う感じです。コレはなかなかイイですね。

氷を入れると更に冷たくて美味しいさ倍増!

やっぱり炭酸で甘みのある冷たい飲みものには、氷を入れるのが一番。

冷たくて、甘みが抑えられるので、甘いのが少し苦手という人にもオススメできます。

そんな私も甘い炭酸はあまり好きではないので、氷を入れた「ほっとレモン炭酸水割り」はちょうど良い甘さに抑えられ、飲みやすかったです。

スポンサーリンク

炭酸水生活は毎日にプラスαの充実感

ソーダストリームを購入してから、本格的に炭酸水にハマりました。

それまでも炭酸水はそれなりに飲んでいたのですが、やはり購入する金額と、空のペットボトルがむちゃくちゃ溜まるのがネックでした。

しかし、ソーダーストリームがわが家に来たことで、すべてが解決したのです。

今回の「ほっとレモン」に関しても、炭酸水メーカーであるソーダーストリームが無ければ、スーパーのポップを見てもスルーしていたかもしれません。

ホント、炭酸水生活は充実しているので、ぜひオススメですよ。

関連記事

ほっとレモンの希釈用はアサヒ飲料から発売

参考 アサヒ飲料

「ほっとレモン」の炭酸水割りはオススメなので、お近くのスーパーで買って来ましょう。

お湯で割れば、いつもの暖かい「ほっとレモン」の完成です。

これからの時期にいろいろと楽しめるのは確実、かなりオススメです。

まとめ

子どもに炭酸飲料を飲ませるなら、コカコーラやサイダーより「ほっとレモン」やカルピスの炭酸水割りにした方が安心できます。

親としては、子どもには安心できる炭酸飲料を飲ませたいと思っているので、今回の「ほっとレモン炭酸水割り」は大成功です。

これからも、カラダに良さそうなフレーバーなどを探して炭酸水にしていきたいと思います。

美味しかったモノがあれば、また紹介しますね。

関連記事
スポンサーリンク

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪