これはウマすぎる!やっと出ましたセブンの「白くま」アイス

九州発祥のむちゃくちゃ旨いアイス「しろくま」

そんな美味しいアイスですが、セブンイレブンではカップタイプのかき氷はありましたが、手軽に食べることが出来るバータイプはありませんでした。

しかし、待望のバータイプの「白くま」が発売されたので、ご紹介します。

じょず
やっと出ましたw

スポンサーリンク

九州の鹿児島発祥のアイス「白くま」

九州では知らない人はいないほどのご当地グルメな「白くま」

そのおいしさから今では全国で販売されるほどの人気で、コンビニでも販売されているほどメジャーなアイスとなりました。

kagoshima_shirokuma

白くままたは白熊(しろくま)は鹿児島県鹿児島市発祥の氷菓またはアイスクリーム類。氷白熊(こおりしろくま)とも呼ばれる。

かき氷の上に加糖練乳をかけ、缶詰などの果物を盛り付け、その上に小豆餡を載せたものが本来の姿。鹿児島市発祥で、市内の喫茶店や飲食店で提供されている。

持ち帰り用にカップに入れて販売され、また、カップ入り氷菓やバー状のアイスミルクなどの類似した材料や風味の工場製品としても製造されている。

白くま(白熊)という名前の由来については、下記の通り諸説ある。

鹿児島市ではかき氷の代表として昭和前期から親しまれ、近年では観光ガイド本やABCテレビ『探偵!ナイトスクープ』やHTB『水曜どうでしょう』、『元祖!でぶや』などの番組で取り上げられたこともあり、全国的に知名度が高い。また、福岡県などの県外でも作られている。

出典ウィキペディア

「白くま」アイスの旨さは別格!

見た目はなんてことのない、フツーのアイスです。

しかし、ひと口食べるとその見た目と美味しさのギャップにやられること間違いなし。

どんな味かと言うと、パイナップル、みかん、黄桃、甘納豆がたっぷりと練乳味のアイスに入っています。そして中にはマンゴーソースも使われており、なんとも贅沢な味わいです。

見た目と味わいのギャップがこれほどあるアイスは、他には経験したことがないほどの驚きがあるので、ぜひ未体験の人は試して欲しい逸品。

このバータイプの「白くま」は、今までセブンイレブンでの取扱がなかったのでローソンで購入していました。

 icon-chevron-circle-right 「しろくまアイス」がマイブーム!九州鹿児島発祥のアイスは唸るほどオイシイ!

なんでセブンでは発売しないのか不満がいっぱいだったんですが、念願かなって発売されたのは嬉しい限りです。

これからの暑い時期はセブンで「白くま」を買いまくることになりそうですね。

じょず
念願かないましたw
奥さん
セブンに無かったもんね♪

小ぶりな5個入り

一度に食べやすい、かなり小ぶりな大きさになっています。

ローソンの「しろくまアイス」は1本65mlのものが1箱に4本入りになっていましたが、セブンイレブンの「ソースを楽しむ白くま」は60mlのアイスが5本入りと、ほんの少しだけ小ぶりになっています。

奥さん
小ぶりでちょうどイイね♪
じょず
手軽に食べれる大きさだねw

製造元はローソン「しろくまアイス」と同じ丸永製菓

製造元はローソンの「しろくまアイス」と同じメーカーの「丸永製菓」でした。

丸永製菓は九州の福岡県久留米市に本社を置く総合乳業メーカーで、1933年設立と大変由緒ある老舗なんです。

丸永製菓って聞いたこと無いな?というのが率直な感想だと思いますが、「あいすまんじゅう」を製造していると言えば分かるんじゃないでしょうか。

出典 丸永製菓

スポンサーリンク

わが家ではみんな「白くま」が大好き

普段あまりアイスを食べない奥さんも「白くま」を買って帰ると喜んで食べます。

息子に関しては「おっ!しろくまやん♪」って、喜んで飛びついてきます。

ちょうど良い大きさに、フルーツの甘さと酸味、練乳の甘さ、甘納豆の甘さがほどよくアクセントになり飽きさせない美味しさ。

なんだか甘すぎるんじゃないの?と想像しますが、そんなことはまったく無く、本当に凄いバランスで仕上がっている究極なアイスと言えます。

私自身も白くまアイスの存在を知ってから、かなりの月日が経過して初めて食べました。正直言うと、あまり美味しそうには見えなかったからです。

しかし、ものは試しと思い食べてみたら、見事にハマったのです。食わず嫌いは損をするとその時しみじみと反省したのを覚えています。

もし、美味しそうじゃないと考えて躊躇しているなら、騙されたと思って一度食べて欲しいです。きっと見た目で判断していたことを後悔するほど美味しいと分かってもらえると確信しています。

ぜひお試しあれ!

息子
白くま、うまいわ~♪

絶対に食べたいソフトクリーム