鉄拳のパラパラ漫画「振り子」に涙腺が我慢できない。

もうご存知の方が多いと思いますが、鉄拳のパラパラ漫画の「振り子」

この作品に対しては賛否両論あると思いますが、私には「賛」しかありません。

確かに、見る人を泣かせにかかって来ている感はスゴイと言えますが、短い時間に泣かせるストーリーはなかなか素晴らしいと思います。

正直、してやられた~なんて感じることもありますが、そんなことは考えず、頭をからっぽにして見れば楽しめますので、ぜひ食わず嫌いをせずに見てください。

4003025515_905ae5c269_z

credit: emiemihuimei via FindCC

スポンサーリンク

奥さんに苦労をかけた人は涙腺崩壊は確実

賛同する声が欲しいわけではありません、しかしあまり興味が無いという人も、パラパラ漫画なんてと拒絶反応を示している人も騙されたと思って一度みて欲しいと思います。

40代の私にとって鉄拳の「振り子」へ対しては共感がすごい、共感というより共振というくらい同調してしまいます。

初めて見た時には自然と涙があふれました。今思い出して記事を書いているのですが、もう涙目です。

ホント、勝手に出てきます、なんでって聞かれても、「じゃあまずは1回みてちょうだい」としか言いようがありません。

賛否両論ありますが、この気持は夫婦として妻を思う感情と、今までの後悔の念とが幾重にも重なりあう状況からきています。

ですから、独身の方にはまったく伝わらないかもしれません、結婚していてもこの物語と少しでもシンクロする部分が無ければ共感は無いのかもしれません。

しかし、少しでも共感したが最後、イッキに引き込まれていること間違いありません。30代40代以上の旦那さんに特にみて欲しいと思います。

人生の縮図

私の人生が「振り子」と同じ様なことを辿ってきたかというと違うと思います。自分自身の人生が似たようなものであった為に、涙が出るわけではないのです。

私は私なりの苦労をして、奥さんにも苦労をかけ続けて今があります。奥さんが病気であるわけでもありません。しかし「振り子」の中の出会いから、色々な出来事は分かります。

頭で分かると言うよりも自分が生きてきた中で体験した苦しんで泣いた事、楽しかったこと全ての出来事による経験と蓄積された思い、感情が「振り子」の放つ波長とリンクするのです。

まさにパブロフの犬です、振り子を見てMuse(ミューズ)の曲が流れると条件反射的に涙腺が崩壊します。家族の前では他ごとを考えて気を紛らわせないと、もう止める事が出来なくなります。

※初期の「振り子」はミューズの曲を使用していました

ミューズMuse)は、イギリスのロックバンド。

1994年にデヴォン州ティンマス(英語版)で結成。現在までに6枚のスタジオ・アルバムを発表。グラミー賞のノミネート3回(うち受賞1回)、全世界でのセールスは1500万枚以上を数える。

Wikipediaより

 

泣かせるためにある

「お涙ちょうだいでしょ」よく聴く評論です。

そうですよ、その通りです。駄目ですか?

私はそう思います。私は文才が無いので皆さんに自分の理論を説明して、違う考えに対して諭す事は出来ません。ただ自分の拙い言葉で伝えたいだけなのです。わかってくれる人だけでいいのです結論を出すような事ではないのだから。

夫婦が出会い喜び、助け合い苦しむ、後悔の念があり相手を思う心がある。もう短い時間に絶妙にすべてを入れています。人生の縮図のいいとこ取りです。

お涙ちょうだいのいいとこ取りなのです。振り子という演出を使い出会いから成長を描きそして避けられない苦しみ、そして死があります。しかし自分自身の死は何の解放にもなっていないのです。

ずっと支えてくれていた奥さんの横で苦しみ続けます、それは自分自身が先に死を迎えたから苦しんでいるのでは無いのです。支えてくれた大切な奥さんに何もしてやれずにただ年老いていく姿を見る事がツラいのです。

 

せめて時を止めたいのです、時を戻したいのです。

自分自身に置き換えて考えてしまいます。もし私が先に死んだら後悔しかないです、何もしてやれていないのです。人並みの生活もさせてやれていないのではないか、常に無理をさせているのではないか、私は仕事と言う名にかまけて奥さんの方を正面から見ているのだろうかと色々と考えさせられます。

そんな気持ちをこの短いパラパラ漫画で、人生の大半が駆け抜けていきます。無理やり「お涙ちょうだい」ではないのです。無理やり見せている訳ではないのです。

人によっては無理やり「お涙ちょうだい」になっていると思います。それは事実だと思います。自分の人生にリンクしないなら、ただの泣かせることを目的に作られたそれなりの漫画に過ぎないのかもしれません。

 

ただ少しでもリンクするのなら、とてつもない波が襲ってきます。

もしまだ見ていない方で人生をそれなりに生きてきた人は騙されたと思って見て頂きたいです。きっとあなたの人生の中にリンクするものがあるのではないかと思います。

そして一つでもリンクする事があれば自分自身の人生が走馬灯のように流れる事でしょう、そしてこの先の人生を考えてしまう事でしょう。私はこの先の人生を考えてしまう事がつらかったです。自分はいったい何をしてやれるのかと自分の不甲斐なさに胸が苦しくなります。

見たいかと言えば見たくない

苦しくなるのです。今までの人生と今後の人生を考えさせられるのです、「振り子」を見る事はつらい事かもしれません。「振り子」は報われているかと言えば報われてはいないのです、単純にハッピーエンドでもバッドエンドでもないのです。

人生をそれなりに生きてきた人が過去と現在と未来を考えさえられるきっかけが出来るパラパラ漫画なのです。通常人生の物語は映画なら2時間、小説でも1冊の尺はいるのですが「振り子」は4分ほどの時間ですべてをみせます、見せるというか心にねじ込みます。

スポンサーリンク

反則なのです、4分ほどの時間で人生のすべてをこの先の事も含めて心にねじ込むのです。

一気に涙腺が崩壊します。

その衝撃が凄すぎて抵抗もむなしい破壊力をもっています。

もうパブロフの犬です。

 パブロフの犬

条件反射(じょうけんはんしゃ)(あるいは条件反応)とは、動物において、訓練や経験によって後天的に獲得される反射行動のこと。ソ連の生理学者イワン・パブロフによって発見され、パブロフの犬の実験で有名になった。
Wikipediaより
 

私は40代です、たしかに涙もろくなった事は事実です、しかし薄っぺらい話にはピクリとも心が揺れませんし動くことはありません。ただ自分の人生にリンクする何かが有るのなら感じる何かが有るのなら、そこから一気に心の中に急展開します。爆発的に細胞分裂が起こるように弾けるのです。

それこそパブロフの犬になるのです。

もし「振り子」をまだ見ていない、人生をそれなりの月日を生きてきた方には一度見て頂きたいと思います。

 

一度「振り子」を見てください

本当はミューズ(Muse)の曲に乗せた「振り子」が鉄拳の作った本当の「振り子」なのですが、曲の著作権の為にYouTubeでは見る事ができません。できればオリジナルのミューズ(Muse)版を見て頂きたいのですが難しいため参考に下記のものを載せておきます。

ミューズの曲を使う事の始まりは鉄拳が「振り子」を作成する際にこれだと思った曲がミューズの「エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)」だったそうです。そして当然ミューズはこの事を知りません、知れば曲の使用を差し止めされるのかどうかと思いますが、驚くことにミューズは「振り子」を正式MVに採用したのです。

ザ・レジスタンス

 
 『ザ・レジスタンス』(The Resistance)は、UKロックバンド、ミューズの5thアルバムである。バンド初の完全セルフ・プロデュース作品で、2009年9月16日にリリースされた。また、同年の10月21日にはザ・レジスタンスのメイキング映像を収録したDVD付きのスペシャル・エディションが初回生産限定商品で発売されている。Best Art Vinyl Prize賞として2009年のベスト・アルバム・カヴァーに選ばれた。また、第53回グラミー賞(2011年2月13日開催)のベスト・ロック・アルバム部門にノミネートし、見事最優秀ロック・アルバム賞を受賞した。グラミー賞ノミネート・受賞はともにバンドとしては今作が初である。
 

収録曲[編集]

  1. アップライジング(叛乱) – Uprising – 5:05
  2. レジスタンス(愛の抗戦) – Resistance – 5:47
  3. アンディスクローズド・デザイアーズ(禁じられた欲望) – Undisclosed Desires – 3:56
  4. ユナイテッド・ステイツ・オブ・ユーラシア(ユーラシア合衆国) – United States of Eurasia (+Collateral Damage) – 5:48
  5. ガイディング・ライト(導く光) – Guiding Light – 4:13
  6. アンナチュラル・セレクション(人為的淘汰) – Unnatural Selection – 6:55
  7. MK ウルトラ – MK Ultra – 4:06
  8. アイ・ビロング・トゥ・ユー(あなたの声に私の心は開く) – I Belong to You (+Mon cœur s’ouvre à ta voix) – 5:39
  9. エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第1部(序曲) – Exogenesis: Symphony Part 1 (Overture) – 4:18
  10. エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第2部(他家受精) – Exogenesis: Symphony Part 2 (Cross-Pollination) – 3:56
  11. エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない) – Exogenesis: Symphony Part 3 (Redemption) – 4:37
    • MVは鉄拳のパラパラ漫画「振り子」を使用している。

Wikipediaより

ミューズ(Muse)の曲が絶品で「振り子」の世界観と強烈にマッチしている為、本当は勧めたくはないのですが、「振り子」を知って頂く方法がないので載せておきます。

 【閲覧注意】 鉄拳公認! もうひとつの 振り子 meets 「Endless Road (マイナビウエディングCMソング)」

これも泣ける!

自宅で炭酸水が作れる!いま話題の炭酸水メーカー「ソーダストリーム」がオススメ!

炭酸水の消費がハンパないです。 とくに暑い夏場にはシュワッとした飲みものが欲しくなります。ビールが最高に美味しい季節ですが、健康のため...
スポンサーリンク

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪