iPhone7Plusのカメラ性能にガクゼン!iPhone6と写真を比較をしてみました

mv_ip7_soon_d

いま使っているスマホはiPhone6ですが、そろそろiPhone7 Plusに変えたい願望がフツフツと湧き上がってきています。

その一番の理由として「カメラ」性能のちがい。

iPhone6はいいスマホですが、暗いところでの撮影はむちゃくちゃ弱い、、、。

そしてとうとう葛藤の末、iPhone史上最高傑作であるカメラ性能を持つ「iPhone7 Plus」へ機種変更しましたーー!

機種代金の分割払いが残っているにも関わらず勢いで買ってしまったのです。

しかし性能の良さに後悔はありません!そんなこんなで、勢のままiPhone7 Plusのカメラ性能に関してのレポートです。

スポンサーリンク

「iPhone7 Plus」の魅力に惹かれる

いま使っているiPhone6はとても良くできた端末です。

不満らしい不満はないのですが、唯一の不満といえばカメラ性能。

それ以外にも願望はいろいろあるけど、常に思うことは「カメラ

iPhone6のカメラでいただけないのが、暗いところでの撮影が貧弱ということ。ひとことで言うと、、、

写真の画質が暗くてノイジー!

iPhone6でも「光学式手ぶれ補正」のあるPlusは暗さに強い

いま使っているのiPhone6と奥さんが使っているiPhone6 Plusではあきらかに写真画質の違いがあります。

実際には両機種ともスペックは約800万画素、F値は2.2と違いはない。

しかし決定的に違うのは、

光学式手ぶれ補正」の有無。

iPhone6 Plusには「光学式手ぶれ補正」があるがiPhone6には搭載されていない。そのことが画質に大きく関わることなります。

暗い場所での撮影は少ない光しか取り込むことが出来ないので、シャッタースピードを遅くしてより多くの光量を取り込む必要があります。

しかし問題はシャッタースピードを遅くすると手ブレが起きてしまい、満足な写真が撮影できなくなります。

いままでのiPhoneは手ブレが起きないように暗いところでの撮影はシャッタースピードを自動的に速くすることで手ブレを防止していました。

綺麗な写真を写すことができるが手ブレばかり発生していては製品として使いものになりませんから、、、だれもが扱う製品として、手ブレなしで撮影できることが最優先だからです。

その結果、手ブレは起こりにくいがノイジーな写真になってしまうという事です。

もっとハショッて簡単に言うなら、、、

「光学式手ぶれ補正」なしは暗いところにめちゃ弱い!!

iPhone6 Plusは「光学式手ぶれ補正」が効くことにより、暗所ではシャッタースピードをかなり遅くしても手ブレが起こりにくくなり、光量を多く取り込むことが可能。

その結果、明るくノイズを少なく抑えることができます。

明るい場所の撮影では違いを感じることはあまり無いのですが、暗い場所の撮影ではあきらかにiPhone6 Plusの方が綺麗な写真を撮ることができます。

そんな理由から暗い場所での写真撮影は奥さんのiPhone6 Plusでお願いすることも、、、、。

ブログで使う写真のほぼ100%はiPhoneで撮影しています。それも室内での撮影が多いため、暗くデキの悪い写真になってしまうiPhone6には毎日のストレスがハンパありません。

ああ~カメラ性能がよいiPhoneに替えたい、、、、。

光学式手ぶれ補正の付いたiPhoneがいいな~、日に日に不満が大きくなり、ガマンの限界に。

革新的なiPhone7 Plusのカメラ性能

img_6015

iPhone7 Plusでは1200万画素F1.8、iPhone6の800万画素F2.2と比較するとかなりの高スペック。

そしてPlusだけではなく普通のiPhone7でも「光学式手ぶれ補正」が搭載されたのも素晴らしい進化といえます。

さらにPlusにはiPhone初のデュアルカメラシステムと光学2倍ズームが搭載されました。いままでのiPhoneはすべてデジタルズームであったため、ズーム撮影は画質の劣化を避けられませんでした。

iPhone7 Plusの光学2倍ズーム採用で劣化のないズーム撮影が可能となり、写真の幅が広がります。

これは写真撮影を生活の一部としている者にとって、ぜひとも手に入れたいところです。

すごいよーーーiPhone7 Plus!

進化はカメラだけではない!

iPhone7はApple PayによるSuicaとクレジットカードの利用が可能に。

いままでiPhoneでは諦めていた電子マネーが使えるのです。

これはホント遅すぎるくらいの導入で、2016年の終盤でやっと開始となるiPhone史上最大の進化!

これは最高のiPhone!

iPhone初の耐水性能で雨の心配が軽減。

突然の雨や水に注意をする生活はけっこう大変です。

しかし、今回のiPhone7からそんな心配は無用になりました。Androidやガラケーでは当たり前の「耐水」ですが、やっとのことで導入。

これは更に欲しくなりますね。

スポンサーリンク

iPhone7 PlusとiPhone6を比較

img_6013

ソフトバンクオンラインで機種変更完了。

はじめはソフトバンクからauにナンバーポータビリティしようと思っていましたが、なんだかんだあって機種変更でiPhone7 Plusを購入することに。

おとくにiPhone6からiPhone7 Plusへ買い替えたいのでSoftBankからauへのりかえしようと考えました。 これはお得...

さっそくですがiPhone7 Plusが自宅に届いたので今あるiPhone6のカメラ写真と比較です。

2つの機種はまったく同じ条件で撮影、加工や調整なしとなっています。

夜の室内でフラッシュなし撮影。

リビング 照明あり

hikaku2

  iPhone7 Plus iPhone6
シャッタースピード 1/5秒 1/15秒
ISO 100 400

カップの光沢感がなく、ざらつき感が強いiPhone6、ざらつきがなく光沢感も出ているiPhone7 Plus。

実際の写真をみると一目瞭然、驚く結果に。

うぉー!iPhone7 Plusの写真はムチャきれい!!

iPhone7 Plusが限界ギリギリまでシャッタースピードを遅く(1/5秒)して光を取り込むのに対して、iPhone6は光学式手ぶれ補正がないため1/15秒までしかシャッタースピードを遅くできません。

その差は想像より大きく、暗所での撮影はかなりの違いをみせています。

玄関 照明なし

hikaku3

  iPhone7 Plus iPhone6
シャッタースピード 1/4秒 1/15秒
ISO 1250 2000

玄関で照明なしの状態で撮影、とうぜんフラッシュなし。

これはかなりの差がでました。

とゆーか、すごーーい差!!

実際の肉眼ではiPhone6で撮影した写真のようにほとんど見えない暗い状態、iPhone7 Plusの性能がすごすぎてビックリします。

こんな暗所でこれほど鮮明な写真を写すことができるとは、、、

iPhone7 Plusなんて頼もしいんだ♪

まとめ

iPhone7 Plusは最高傑作といえる出来栄え。

写真画質に関しては文句のつけようがありません!

光学式手ぶれ補正さいこーー!

2倍光学ズームすげーー!!

そしてApplePayの導入、耐水性能と満足いくこと間違いなし!

もし迷っている人がいるなら、後悔はないと思いますよ。

特に写真好きには堪らない満足感があります。

iPhone7 Plus ちょーーーオススメ!!

買うべし。

おとくにiPhone6からiPhone7 Plusへ買い替えたいのでSoftBankからauへのりかえしようと考えました。 これはお得...

年賀状プリントは「年賀家族2018」がおしゃれ!

今年も年賀状を考える時期になってしまいました。 毎年恒例の行事と言えますが、年賀状作成はいろいろと考えてしまいます。いったいどんなデザ...

人気のクリスマスケーキはこれだ!早めに予約しないと売り切れ必至!

今年もあっという間にクリスマスがやってきます。 プレゼントやディナーの予約は済みましたか? シャンパンも用意したいところですが、クリ...

「カニ通販」は何がいいの?ズワイ・タラバ・毛ガニの特徴を解説!

カニは好きですか?日本では高級食材とされ、冬やおめでたい時等、様々なシーズン、イベントに料理として食べられているのが、カニ。しかし、カニは知...
スポンサーリンク

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪