自動車保険はリアルタイム比較表示「保険の窓口インズウェブ」が便利

logolineup

自動車保険の満期が近づいてきました。

いま加入の自動車保険をそのまま継続しようかとも思いますが、もっとお値打ちな保険会社があるのではないかと迷ってしまいます。

そこで自動車保険をいろいろと比較するにあたって、保険の内容について少しだけ調べてみました。

保険の内容

自動車保険の内容は内訳としてたくさんの補償があります。

今回は保険の比較をするなかで、よく分からない補償内容があったので調べてみました。

対人賠償保険

自動車事故により、他人(歩行者、相手の車の搭乗者の方など)を死傷させてしまった場合、自賠責保険の保険金額を超える部分の保険金が支払われます。

ここで問題は「対人賠償保険」の補償額をどの程度に設定すれば良いかと言うことです。

よく言われることで「無制限」にする必要があると言われますが、その根拠は事故で被害者を死亡もしくは障害状態にしてしまった場合に、億単位の賠償責任になる可能性があるからです。

実際に高額な賠償責任が発生した事故例を紹介します。

headlamp-2940_640

被害者 41歳男性 眼科開業医 死亡

5億843万円
歩行者横断禁止規制のある国道を酒に酔った状態で横断を開始し、第一車線中央付近で立ち止まっていた被害者に走行中のタクシーが衝突し死亡させた。事故の状況から被害者に対して60%の過失が認定されました。
被害者は、5年前に眼科クリニックを開設した41歳の眼科医。

対人賠償は億単位の金額になることは稀な事例ではなく、普通に起こりうる可能性があります。対人賠償保障については必ず「無制限」が必要と言えるでしょう。

対物賠償保険

契約する自動車の事故によって、相手の車や自転車、ガードレールや街灯などを壊し、法律上の損害賠償責任を負担する場合に保険金が支払われます。

対物賠償で業務車両が起こした事故は別に考え、一般車両が引き起こした高額事例を紹介します。

photo0000-1498

乗用車踏切内による電車損害および家屋損害

1億2,036万円
警手不在、遮断機、警報機のない線路踏切に乗用車が進入、そこへ6両編成の特急電車が衝突。
損害は周辺家屋にもおよび、電車に関しては1両目が横転、2両目から6両目までが脱線した。電車損害、復旧工事費、家屋損害などで高額な対物賠償となった事例。
対物賠償に関しても、対人賠償同様に億単位の賠償責任が発生した事例があるため「無制限」の選択がベストと考えることができます。

人身傷害補償保険

契約する自動車の事故によって搭乗中の方が亡くなられた場合やケガをされた場合に、治療費や休業損害・逸失利益などを補償する保険です。

搭乗者傷害保険

契約する自動車の事故によって、乗車中の方が亡くなったりケガをされた場合、死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金などが支払われます。

自損事故補償

電柱、ガードレールなどとの衝突事故により、契約自動車(ご契約のお車)に乗車中の方が死傷された場合で、自賠責保険等からの支払いを受けられない場合かつ、人身傷害補償保険が適用されない場合に保険金が支払われます。

無保険車傷害保険

契約する自動車に乗車中の方が、保険を付けていない車や、補償内容が不十分な車との事故により、死亡または後遺障害を被った場合に保険金が支払われます。

車両保険

契約する自動車が偶然な事故によって壊れてしまった場合に修理費用を車両自己負担額を差し引いて支払われます(車両保険の保険金額が限度となります)。

mercedes-1571165_640

保険代金を考えたときに車両保険の付加は金額が上がるので必要ないと考えることもできます。しかし、いざ大きな事故が起きたときに相手車両は対物保険で補償されますが、自車に関しては「車両保険」に未加入の状態では補償はありません。

つまり自車の修理費に関してはすべて実費で必要となります。対人、対物補償と比較すると一般的な乗用車に関して、億単位の金額はかかりません。軽微な事故であれば数万~数十万程度に収まることを考えると車両保険は加入しなくても良いかもしれません。

ただし、事故状況がひどく、修理費用に数十万~数百万かかる可能性もあります。その時に修理代金が捻出できるのであれば良いですが、むずかしい場合であれば車両保険に加入しておいた方が賢明かもしれません。

実際に自動車保険の見積もり比較をしてみる

いろいろな保険会社から見積もりを取って比較するのが一番正解です。しかし、問題は複数の保険会社から見積もりを取るのは労力がかかり大変です。

今回は保険が比較できるサイトをいろいろと調べましたが、一番良かったのは「保険の窓口 インズウェブ」でした。

特に良かったところはリアルタイムにその場で、保険会社の金額が提示される点でした。

クルマや現在の保険状況などを入力し、希望の補償内容を打ち込むとスグその場で保険金額が表示されるのです。

これはとっても簡単で、比較がし易くオススメですね。

使った自動車保険比較は「保険の窓口 インズウェブ」

2016y09m30d_230500778

リアルタイムで各保険会社の保険料を比較できるので、おそろしいほど便利、こんなに比較が楽なことは初めてです。

普通はメールで見積もり結果が送られてくるか、郵送の場合がほとんどです。

しかし「保険の窓口 インズウェブ」の場合はメールでも送られてきますが、その場で複数社の見積もり結果を見ることができます。

このリアルタイム表示は比較するには、とても見やすく、画期的だと言えます。

保険料の確認はこちら
▼ ▼ ▼

保険の窓口 インズウェブ icon-chevron-circle-right 

リアルタイム表示はこんな感じ

保険内容、保険料の表示が各社並ぶので、とっても見やすいです。

今回はとにかく安くするプランで見積もりを出しました。年間で2万円台の見積もりが提示されたので、これにはビックリです。

インズウェブがアンケートを取った結果、安くなった平均額は「30,035円」という言葉にウソはありませんね、比較をしないのがバカバカしくなっちゃいます。

これなら自動車保険の比較は簡単にでき、さらに安くなるので、見積もり比較に気がのらない人にもオススメといえます。

入力に5分という短い時間を使うだけで、お得な保険が比較できるなら問題はどこにもありませんよね。

2016y10m02d_162641998

各保険会社の口コミを見ることができる

安い保険料は魅力的ですが、保険会社の評判はどうなんでしょう、とっても気になることですよね。

そんな人のためにも保険会社別に口コミを見ることができます。いくら安くても評判の悪い保険会社で契約をするのは抵抗があります。

少しでも安く、評判のよい保険会社を簡単に探すことができるのはスゴイですね。

2016y10m01d_082709503

スポンサーリンク

総評

保険の比較サイトはやり取りが面倒と思っていましたが、実はすごく簡単なことが初めて分かりました。

こんな簡単な比較サイトがあるなら、今までも使えばよかったと後悔です。

保険の満期が近い人はぜひ一度試してください、きっと今までの保険選びの苦労から解放されますよ、オススメ!

リアルタイム表示がすごい自動車保険の比較はこちら
▼ ▼ ▼
「保険の窓口 インズウェブ」  

 

自宅で炭酸水が作れる!いま話題の炭酸水メーカー「ソーダストリーム」がオススメ!

炭酸水の消費がハンパないです。 とくに暑い夏場にはシュワッとした飲みものが欲しくなります。ビールが最高に美味しい季節ですが、健康のため...

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪