他人事?実は我が家にも「いじめ」の被害があった衝撃の事実

  常にニュースを賑わせる「いじめ」関係のニュースですが、悲しい事であるのですがどこか違う世界の出来事のように感じていませんか? 5604686055_a28027ab22_z

by Thomas Leuthard

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

自分の子供が「いじめ」にあっていると思いたくないのは当然だと思います。

わが子がまさか?と考えるのが普通の親かもしれません。しかしあなたが子供の頃に何でも親や先生に相談出来たでしょうか?

正直な話し私も子供のころは誰にも相談できずに苦しんだ記憶があります。

スポンサーリンク

まさかの「いじめ」

自分の子供がいじめられていたなんて考えた事もなかったのが正直な話しです。

常に子供に向かって「いじめられていないか?」と声をかけていたのですが、返ってきた言葉はいつも「いじめなんてない」でした。

人当たりの良いわが子にかぎって「いじめ」なんて無縁だとずっと思っていたのです。  

発覚は体の痣

私の子供は男の子です、当然体を動かす遊びもしますし悪ふざけもします。体に傷や痣が出来る事は当たり前の事と思っていました。 私の子供の頃は傷が絶えない子供でしたから…。

妻が不審がる

子供の腕や体に時折痣が付いていたのですが、追及すると「知らない間にぶつけた」とか言って誤魔化していたのです。

何回目かの痣の時に「ぶつけた痣じゃないでしょ?」と追及すると「友達と遊びでつねられた」と言ったのです。それは「いじめ」だろうと追及したのですが「いじめ」では無いと言い張るので息子に聞いてみました。

「じゃあ友達とお互いにつねりあったのか?」と。しかし予想通りの答えが返ってきました。「つねるのは○○君だけだよ」「でも本当にいじめじゃないよ…遊びだよ」と言い張るのです。  

やんわりと諭す様に追及すると…

実はつねられていた子は息子以外に数人いること。 ターゲットを時折変えていること。 みんなその子が怖くて文句が言えないこと。 と発覚しました。

子供は子供の世界で苦しんでいる

大人からすると子供の世界は小さな世界で軽く見下してしまうのではないでしょうか?

実は子供の世界も大人と同じで縦社会があり、権力者には逆らう事が出来ないし皆文句も出せずに顔色を伺う事をしているのです。

例えばあなたの上司や先輩が嫌な奴でもそのまた上の立場の人から聞かれたら「良くして貰っています」と答えますよね。

嫌な上司ですなんて答えられないのではないでしょうか? それが現実です、そして子供の世界もなんら大人の世界と変わらないのです。  

スポンサーリンク

いつも遊ぶ子が「いじめっ子」

発覚が遅れる要因としては「いじめっ子」が遊び相手だからです。

まさかいつも遊んでいる仲良しだと思っている子がいじめっ子本人とは思わないじゃないですか? 本当にいじめ発見には細心の注意とコミュニケーションが不可欠なのです。

子供を注意して見てますか?

あなたは子供に対して疑って見てますか? わが子がいじめのターゲットになるなんて思いたくもないと思いますが、子供は自分から「SOS」を簡単に発信できません。

子供のサインを見逃さない事です。そして子供に起こっている不自然なことを見逃さない事だと思います。

お子さんの体に傷や痣はありませんか?ノートや教科書に落書きや破れ、不自然な汚れは有りませんか?服が汚れすぎていたり不自然に破れていませんか?

雨でもないのに服や靴が不自然に濡れていませんか?  

相談できない子供心

子供は親の事が嫌いで相談できないのではないのです。 いじめっ子が怖いのです。世界の中で一番怖いのがいじめっ子なのかもしれません。

子供の世界の中心は学校の中にあるのです。親の事が怖いとは意味合いが違うのです。

その世界の中でうまく渡り合っていかなくては住む世界がないと考えているのです。  

「頑張れ」では解決にならない

子供に対して「頑張れ」と言ったところで頑張れるはずはないと思います。

私も子供の頃に同じ経験がありますが、その時は不登校になりました。体調が悪いから行きたくないと言ったら親が悟ってくれて「良くなるまで学校に行かなくてもいいよ」と言ってくれました。

しばらくして担任の先生が訪ねてきて色々と話しました。友達も来ました。

不登校の間の時間が色々と解決してくれたのです。学校でもきっと色々と話題になったと思います。そうして再び学校に通う時がきたのです。

あの時に無理やり学校に行かされていたら私はどうなっていたか分かりません。

人生の長い時間の中で休息があってもいいんじゃないですか?子供でも少しくらい遠回りしても良いと思います。

色々な考えがあると思いますが皆さんは如何でしょうか。 文部科学省のいじめ問題の取り組みはこちら↓

nayami

スポンサーリンク