犬にライトで気分は幸せ!夫婦でウォーキングは発見がいっぱい

夫婦でウォーキングをしていると会話が弾み、日頃の空白の時間を埋めるには最適なことであると前回「夫婦でウォーキングすることは空白の時間を埋める作業かもしれない」で書きました。

そして発見も多くあることに気が付かされる事もあるのです。

4fa68703dc39864652b50bf2855daffb_s

犬の散歩でほっこり

いつものように夫婦でいつものコースをウォーキングしていました。

他愛もないことをあーでもない、こーでもないと話しながら歩いていた時です、夜の8時ごろですが時折すれ違う方に注目しました。

それは「年配の女性と老犬」なのですが、いつも一歩一歩ゆっくりと散歩しているのです。

それは特別変わった風景ではないと思いますが、そのご年配の方は手にライトを持っていたのです。「そんなの夜道なら当たり前だろ?」と思いますよね?

夜道でライトを手に歩くことは別に変わった事ではありません。多く見かける光景だと思います。

lamp-18869_1280

スポンサーリンク

ライトは「老犬」の足元を照らす

ご年配の女性ががライトで照らしていたのは、自分の足元ではなく、その先にあったのは「老犬」の足元だったのです。

ずーと愛犬の足元を照らしながらゆっくりと散歩をしているのです。

老犬は15歳位でしょうか?わが家のわんこも15歳です、視力も落ちて時折り頭をぶつけます。あまり見えていないのでしょう。

散歩している「老犬」もゆっくりゆっくりと歩いています、あまり見えていないのでしょうか?そんな愛犬に対して年配の女性は「ライト」を足元に照らしてあげています。

すごく幸せな気分になる

動物虐待が多く聞かれるなかで愛犬の足元をライトで照らすという行為は「ほっこり」する出来事です。

愛犬と女性の中にある絆、友愛が伝わってきます。

私も真っ暗闇で愛犬が私の寝ている布団に向かってくると、iPhoneで足元を照らしてあげることがあります。

この女性の気持ちはすごくわかる気がします、愛犬が「老犬」になった時にしてあげる事が何であるのか?愛犬が一歩踏み出すときに注意が必要な事はよくわかります。

「足元をライトで照らしてあげたい」そんな女性の気持ちが伝わってきて、すごく幸せな気分になります。

やっぱりウォーキングはいいですね

夫婦での有意義な時間を過ごせる「ウォーキング」ですが、いろんな発見があるのも魅力的です。

老犬と年配の女性とのほっこりする日常のやり取りは「こころ」を潤わしてくれます。ほんのひと時のできごとが私達夫婦に心の豊かさを与えてくれました。

やっぱりウォーキングはいいですね。

合わせて読みたい記事

夫婦でウォーキングすることは空白の時間を埋める作業かもしれない
夫婦生活18年もあれば会話が無くても成り立ちますが、面と向かって話したい事もあると思います。 私たち夫婦は日頃から会話が多いと思いますが、そ...
スポンサーリンク

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

犬にライトで気分は幸せ!夫婦でウォーキングは発見がいっぱい

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪