フランス生まれのスニーカーPATRICKがたまらなくお気に入り

PATRICK(パトリック)ってご存知ですか?

img57206983

スポンサーリンク

フランス生まれの「PATRICK」私の大好きなスニーカーです。

PATRICKとの出会いは15年程前になると思います、ファッション的な物には一切興味が無く靴ぐらいは「NIKE」「adidas」などを履いていればいいかなと言う感覚でした。

そんな私ですがある時、会社の同僚がかっこいい靴を履いているではないですか、その当時は「PATRICK」なんてブランドは知りませんので、単純に見た事も無いカッコいいスニーカーが気になって仕方がなくなりました。

細身の独特のシルエットに日本的ではない色使い、そしてアクセントの2本ライン、もうオシャレ過ぎます。

そして無知な私は同僚に聞いてみたのです「その靴はなに?」と、そうしたら同僚は勝ち誇ったように言うのです「PATRICKだよ、オシャレだろ」と。

もうやられました、私の心が見透かされているかのように誇らしげに言われたのです。

PATRICKとは何ぞやと聞いてみるとフランス生まれのスニーカーと言うではないですか、どおりでオシャレ感たっぷりのスニーカーだと思った訳です。

色合いも絶品なのです、ちょっと大人でも合う雰囲気があるスニーカーがPATRICKなのです。

PATRICK

1892年にフランスのプソージュ地方の靴職人パトリック・ベネトゥと息子たちでスタートさせるところから始まる。

普遍的なデザイン性はフランス生まれのこだわりがあり、生産は日本の由緒ある工場との連携によって作り出される。

一足ずつ丁寧に職人たちがハンドフィニッシュで生産しているPATRICKのスニーカーは、フランス的精神に日本の確かな技術が融合した、エレガントで洗練されたMADE IN JAPANのこだわりあるスニーカーである。

PATRICK オフィシャルサイトより抜粋

そしてそんな私はPATRICKのスニーカーを見た瞬間欲しくて堪らなくなり、すぐに購入するために靴屋に行きました。

その後は外出するときはPATRICKを履くことになり、自分がフランスの雰囲気を放つオシャレな野郎と勘違いする事になるほど、PATRICKはお気に入りのスニーカーとなったのです。

熱狂的ファンのいるPATRICK

私の周りにはPATRICKを履いている人はあまり見かけません、まあほとんど見かけないといっても過言ではないくらいなのですが、たまに見かけた時に話す機会があると、熱狂的な人が多いようです。

それこそ「PATRICKしか履きません」と言う人もいるのです。

男性にもいいのですが、女性に履いてもらいたい

PATRICKの細身なシルエットと色合いは本当にオシャレだと思います。世界中にファンがいるPATRICKはいかがでしょうか、あまりにもスニーカーである事を前面に出したものに比べてスマートでシーンを選らばないのではないでしょうか。

そして、またファンが1人増えることはとても嬉しい事なのです。

あなたもひとつPATRICKはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

少しでも良かったらシェアお願いします♪

フォローして頂けると喜びます♪

ちょっといいかも!?と思ったら
 icon-thumbs-up いいね!していただけると泣いて喜びます♪